新型プリウス購入は消費税10%前がどれだけ得なの?

10月の消費税10%への増税は、新型プリウスを購入する人にとっても関心の高いところではないでしょうか。

実際のところ、新型プリウスは増税前に購入、注文しておくと良いと考える人も多いでしょう。

また、増税後はその前と比べて、新型プリウスの価格が変化するのかも気になるところです。

この記事では、新型プリウスと消費増税の関連について、詳しく見ていきます。




プリウスの新車を検討中のあなた!下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

トヨタのディーラーでは30万円という下取り見積もりが買取業者ではまさかの、80万円になることも多々あります。

ネットで一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社による相見積もりを実行

あなたの車の買取価格を競争で見積して、一番高く下取り査定をしてくれるところを見つけます。

買取業者に競争させることで結果的に値段が吊り上り、予想以上の高値で買い取ってくれます。
その下取り価格をトヨタのディーラーに持っていって、下取り価格の交渉してもいいですし、実際に一番高く見積もりしたところで買い取ってもらうのが賢い選択です。

こちらから、下取り価格を相見積りできます。




新型プリウスの購入は消費税10%になるとどうなる?

新型プリウスを購入するにあたり、消費税が10%に引き上げられるとどうなるのでしょうか。

基本的には、新型プリウスの本体の価格は、税抜きでは変わることがありません。

そのため、増税した2%分の金額が増える形となり、やや購入時の負担が大きくなることが確定しています。

車両自体の価格は変化がないものの、このように増税で値段が上がってしまうことを考えると、やはり増税前に購入、注文を済ませておくことがベストと言えます。

どの程度の価格が上がってくるのかは、新型プリウスのグレードによっても異なっています。

これからどのグレードを購入するのかによっても、この幅が違ってくるところもチェックする必要がありますね。

次の項目では、実際の増税後の価格に関して、詳しくチェックしていきます。

新型プリウスの購入を検討中の人にとっては、見逃せない情報となりそうです。

 

10年乗ったプリウスはいくら?
↓↓↓↓↓↓

新型プリウス購入は消費税10%後の価格は?

では、新型プリウスの消費税10%となった後の価格はどうなるのでしょうか。

グレードごとに細かく見ていきましょう。

新型プリウスの増税前後での価格をチェック

引用:https://toyota.jp/prius/grade/grade7/?padid=ag341_from_prius_grade_grade1_detail

新型プリウスが、増税の前後でどう価格が変化するのか、グレードごとに見ていきましょう。

・Aプレミアム“ツーリングセレクション”

(2WD)  … 328.4万円 → 334.5万円 (約6.1万円増)

(E-Four) … 347.9万円 → 354.3万円 (約6.4万円増)

・Aプレミアム

(2WD)  … 317.5万円 → 323.4万円 (約5.9万円増)

(E-Four) … 337.0万円 → 343.2万円 (約6.2万円増)

・A“ツーリングセレクション”

(2WD)  … 300.7万円 → 306.2万円 (約5.5万円増)

(E-Four) … 320.1万円 → 326.0万円 (約5.9万円増)

・A

(2WD)  … 284.3万円 → 289.5万円 (約5.2万円増)

(E-Four) … 303.7万円 → 309.3万円 (約5.5万円増)

・S“ツーリングセレクション”

(2WD)  … 273.2万円 → 278.3万円 (約5.1万円増)

(E-Four) … 292.7万円 → 298.1万円 (約5.4万円増)

・S

(2WD)  … 256.5万円 → 261.3万円 (約4.8万円増)

(E-Four) … 275.9万円 → 281.1万円 (約5.2万円増)

・E

(2WD)  … 251.9万円 → 256.5万円 (約4.6万円増)

グレードによって、価格の変動幅には少しバラつきがあります。

車両本体に関しては、増税に伴う値上げがないものの、2%の増税分の変化のある部分がポイントです。

新型プリウスをこれから買う予定の人は、この価格変化も踏まえて検討するのがオススメです。

グレードによっておよそ5~6万円の値段アップ

全体的に新型プリウスは5万円から6万円程度の値段が増税によってアップします。

新型プリウス自体の価格が高くなるほど、それに比例して値上げの幅が大きくなることがポイントです。

最も値上げ幅が大きいのは、Aプレミアム“ツーリングセレクション”のE-Four(4WD)の仕様です。

6.4万円ほど、増税で値段が上がるため、最も価格変動が大きくなります。

一方で、最も値上げ幅が小さいのはEグレードのおよそ4.6万円です。

車体の価格自体が最も安くなっているので、5万円以下の値上げ幅に留まっています。

新型プリウスのグレードが非常に細かく分かれており、それによって価格の変化も小刻みな傾向があります。

新型プリウス消費税10%に上る前のお得な注文のタイミングは?

新型プリウスを注文するタイミングは、どの時期がベストなのでしょうか。

増税前のオススメのタイミングについて、見ていきましょう。

増税前の金額の適用されるのは9月末納車分まで

新型プリウスで、増税前の金額の適用されるケースは、9月末までに納車されたものです。

10月1日以降に納車された新型プリウスに関しては、新しい消費税率の適用となり、値段が高くなるところが注意ポイントです。

納車に関しては、注文してからすぐに行われるという訳ではないため、納車待ち期間を考慮する必要が出てきます。その期間を逆算して、スケジューリングを立てることが重要となるでしょう。

現時点での納車待ちは1か月半から2か月程度

現段階では、新型プリウスの納車待ちの期間は1か月半から2か月程度となっています。

そのため、なるべく早い段階で注文を取り付けることが、新型プリウスを増税前の金額で購入できる手立てのひとつとなります。

流通の多い都市部では、この納期よりも少し短くなる傾向にあり、8月の下旬の注文でも間に合う可能性があります。

ですが、新型プリウスを増税前に購入したいと考える人は、少しでも早く注文を決定することがベストな選択肢として挙げられるでしょう。

増税時期が近付くとディーラーでの値引きの可能性も

引用:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/shop/48A

増税で価格変動の起こる前に、なるべく早く新型プリウスの注文をするのがベストと言うところはポイントになります。

一方で、増税が近付く9月の半ば頃からは、トヨタのディーラーでの値引きの展開も想定されています。

消費増税を控えた新車の購入意欲の低下を防ぐために、新型プリウスの値引き実施に踏み切るところも出てきそうです。

こういった形で、増税後の納車となった場合でも、値引きによってその幅が抑えられることは十分に期待できます。

現状で新型プリウスを買うかどうか悩んでいるという人は、この増税直前のタイミングも、ひとつの注文に適した時期として挙げられますね。

これまでも、消費増税の時期が近付くと、新車の値引きを進める動きが活発化しています。

今回の増税の時期も、同様の動きが予測されることから、注文のタイミングとしてひとつ選択肢が出てきそうですね。




新型プリウス消費税10%で燃費や維持費はどうなるの?

新型プリウスを増税後に購入すると、燃費や維持費はどうなるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

燃費性能は基本的に変動することはない

新型プリウスの燃費性能に関しては、基本的に改良などが行われない限りは変動することがありません。

消費増税後も、それまでと同じく性能が保たれることから、増税前後のどちらに新型プリウスを購入しても変化がないと言えるでしょう。

より性能の良い新型プリウスが欲しいと考える人は、改良を受けたモデルの購入を検討することが、現段階では一番現実的です。

維持費は自動車税の引き下げが変動ポイント

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

増税によって購入費用は高くなりますが、自動車税は引き下げに転じます。

これは10月1日以降の納車分で適用されるものであり、新型プリウスは39,500円から36,000円へと引き下げられます。

消費税増税分との相殺まで達しないため、大きな変化とは言い難いでしょう。

また、自動車取得税の廃止と、それに代替する環境性能割導入もポイントとなります。

しかし、新型プリウスについては、この変化があっても非課税であるところが変わらず、実質的には同じ状況が維持されます。

そのような点も含めて考えると、自動車税が若干引き下げられ、消費増税分の一部がカバーされると考えられます。

新型プリウス購入は消費税10%前の下取り、買い取りは10月末までに急げ!

新型プリウスの購入にあたり、今まで乗っていた車を下取りに出したり、買い取ってもらったりする人も多いでしょう。

納車の時期を考慮して、この下取りに出す時期も逆算して決めることが多いのではないでしょうか。

買取業者によって、増税前後の買取強化の対応には違いがありますが、増税を行った後もしばらくは高値での買取を行う動きが続くと予想されています。

しかし、最も高い金額の水準が期待できるのは、増税を控える9月の後半から10月の終わりにかけてです。

その点で考えると、下取りに出す時期としては10月末までを視野に入れることがオススメされます。

増税から時間が経過すると、また買取の動きが元に戻ってしまうことから、10月中に動くことが大事になるのではないでしょうか。

増税でトータルでは値段が上がる新型プリウス

新型プリウスの増税前後の値段の変化について、ここまで見てきました。

全体的な傾向としては、車両本体の価格に変化がないことから、増税された分の値上げは確実な状況です。

グレードによって5~6万円程度の値上げが想定されます。

増税に合わせた注文のタイミングも、なるべく早く行うか増税直前に行うかが望ましいと言えるでしょう。

ディーラーによっては、増税の控える時期に積極的に値引きに乗り出すことも十分に期待できそうです。

様々な点で消費増税前後に変化が出てきますが、新型プリウスを購入する際には少しでも早くアクションを起こすことが得策となるでしょう。

車の情報追跡者:佐藤ヒロシ

キャッチ引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です