新型プリウスとPHVって【全然違う車って】本当?比較してみた


スポンサーリンク

今人気のある新型プリウスとプリウスPHV。名前だけを聞くとさほど変わらない感じがするが、実際は全く違うプリウスなのです。この記事では簡単に分かりやすく違いや比較をしていきます.

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓

新型プリウスは究極の空力フォルムが特徴。PHVはパワフルなEV走行に驚き!

www.photo-ac.com/

新型プリウスの進化はどこにあるのか?

新型プリウス「低重心パッケージが生み出す気持ちの良い走行」が可能。プリウスの象徴でもあるトライアングルシルエットはさらなる進化を遂げた。

デザインは、もちろんパーツの一つ一つに至るまで、空気の流れをコントロールするさまざまな工夫が施されている。風をもデザインした究極の空力フォルムが実現した。

新プラットフォームによる低重心化に加え、ドライブポジションを徹底追及された。ステアリングやペダル・シフト・スイッチなどの配置も最適化することで、クルマとの一体感が感じられる気持のよいドライビングフィールが実現された。

新型プリウスPHVの驚きのEV走行とは?

プリウスPHV「パワフルかつ静かで気持ちいいEV走行」が可能。
満充電からのEV走行距離が従来モデルから2倍以上も延長した。

毎日の通勤や買い物送り迎えなど普段の運転のほとんどがEVモードで楽しめる。

アクセルを強く踏み込んだり、暖房を使用したりしてもエンジンに切り替わることを抑えている。

モーターだけで一気に加速できるのは「デュアルモータードライブ」システムを採用しているからだ。

EV走行中に一方向にだけ回転を伝達する「ワンウェイクラッチ」機構のおかげで、モーターだけでなくジェネレーターもモーターとして動かすことができる。

モーターの力にジェネレーターからのトルクも上乗せさたモーター2個分のパワフルな加速を発揮することができる。

新型プリウスとPHVのパワートレインには、同じ1.8Lの直列4気筒エンジンをベースとしたハイブリットシステムが搭載されている。どこがどう違うのかを調べてみた。


スポンサーリンク

新型プリウスとPHVはフロントやリヤのデザインから何が違うのか?確認してみた。

新型プリウスの特徴的なヘッドライト周りを画像でチェック

https://toyota.jp/catalog/prius_main/book/#target/page_no=25

新型プリウス特徴的なヘッドライト・フォグランプ・リヤコンビネーションランプ・サイドターンランプなど全てにLEDが搭載されている。LED化が多ければ多いほどバッテリーの負担減少になる。ハロゲンと違いLEDランプは寿命も長いのですぐ切れる心配も必要ない。

https://toyota.jp/catalog/prius_main/book/#target/page_no=25

https://toyota.jp/catalog/prius_main/book/#target/page_no=25

https://toyota.jp/catalog/prius_main/book/#target/page_no=25

   https://toyota.jp/catalog/prius_main/book/#target/page_no=25

新型プリウスPHVの斬新的なヘッドライト周辺を画像でチェック

https://toyota.jp/catalog/priusphv_main/book/#target/page_no=41

PHVは、片側4眼のLEDヘッドライトが搭載されており、アダブティブヘッドライト機能が標準装備になっている。リヤガラスはダブルバブルウインドウが採用されており特殊な波打ったようなデザインのガラスが採用されている。

https://toyota.jp/catalog/priusphv_main/book/#target/page_no=41

https://toyota.jp/catalog/priusphv_main/book/#target/page_no=41

PHVは、プラグインハイブリットシステムのバッテリー容量分だけ、新型プリウスよりもボディが大きくなっている。室内空間の広さは同じだが、PHVはバッテリーをラゲッジに格納している関係上、荷室高・荷室長・荷室幅が大きい。


スポンサーリンク

新型プリウスとPHVをサイズやデザインを比較すると何が違うのか?

新型プリウス  全長4,540mm×全幅1,760mm×全高1,475mm(FF/4WD)
PHV      全長4,645mm×全幅1,760mm×全高1,475mm

「新型プリウス対PHV」新型プリウスとPHVの内装インテリア室内デザインの違いは?

新型プリウスの内装は、人間工学に基づいて設計された非常に快適な空間だ。
静寂性も非常に高く、ハイブリットエンジンの静かな駆動音だけが心地よく響き渡る。

https://toyota.jp/catalog/prius_main/book/#target/page_no=25

https://toyota.jp/catalog/prius_main/book/#target/page_no=25

圧力を分散させて、長時間座っていても疲れにくいシートに改良されている。

長時間座っていても疲れにくいシートになっている。シートカバーの素材も、本革・合成皮革・上級ファブリック・ファブリックから選択するのが可能だ。

カーナビは9インチの大きさの窓口が適用されている。

PHVは、新型プリウスにはないカーナビの大きさで一変する。

PHVの内装は、新型プリウスと同じで静寂性が高く快適な空間にしあがっている。

https://toyota.jp/catalog/priusphv_main/book/#target/page_no=41

最新の装備としてカーナビが11.6インチの大型ディスプレイが設置されている。室内に乗った時に誰もが大きさに驚くだろう。

ディスプレイには静電容量式タッチパネルが採用されており、スマホと同じような感覚で操作をすることが可能だ。

ディスプレイサイズが大きく縦型なので、トヨタの情報通信サービス「ティーコネクト」のナビを表示しながらエアコンやオーディオの操作をすることができる。

https://toyota.jp/catalog/priusphv_main/book/#target/page_no=41

「新型プリウス対PHV」エアコンが違う

新型プリウスとPHVどちらにもヒーターが装備されている。新型プリウス一部のグレードには標準装備になっている。

PHVにはハンドルを温めるステアリングヒーターが加わった。ヒーターは標準装備に変わり、世界初のシステムを採用している。

PHVのエアコンには量産車で世界初となるガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコンが採用されている。寒い日でも車内を自動的に温めながら長時間のEV走行が可能だ。

「新型プリウス対PHV」バッテリー・性能が別物

新型プリウスは、エンジンと電力によるモーターで駆動して動く。
グレードにより、ニッケル水素とリチウムイオン電池の2つを使い分けている。

ニッケル水素は28の電池が直列で並び、容量は6.5Ah。リチウムイオンは56の電池が直列で接続されており、36Ahの容量を得ている。

プリウスPHVは、プラグインハイブリットカーです。2つ以上の動力源で動き、家庭用コンセントから直接バッテリーに充電ができる。

直接充電ができるように大きなリチウムバッテリーが後座後方の荷室の下に搭載されている。PHVは、リチウムイオンのみで95個の電池を直列で接続され、容量は25Ahで総電力量は8.8KWhになる。

「新型プリウス対PHV」PHVは、ソーラーパネルによる充電が可能

https://toyota.jp/catalog/priusphv_main/book/#target/page_no=41

PHVに世界初のソーラーパネル充電でバッテリー充電が可能になった。青空駐車するだけでバッテリーが充電され、1日あたり5km程度走行できる容量の充電ができる。

バッテリーが空の状態から満充電するまでに1週間程かかる。週末し車を使用しない状況だったらガソリン代と電気代がかからないで済む。

新型プリウスとPHVは価格や燃費はどう?違うのか?

 

www.photo-ac.com/

「新型プリウス対PHV」価格比較

新型プリウスとPHV同じグレードで比較してみた。

  • プリウス新型Sグレード2WD  2,607,120円
  • PHV Sグレード        3,261,600円

車両価格で同じSグレードを比較すると新型プリウスとPHVの価格は「約65万円」になる。

ただし、補助金が出るので実際は10万円~20万円は値段が下がる。独自のキャンペーンなどを上手いこと組み合わせしたら、更に安く購入ができる。

「新型プリウス対PHV」燃費比較

新型プリウスのJC08モードでの燃料消費率は37.0km/L

モーターだけで2~3kmしか走行できない。モーターは補助的な役割でしかなく、基本はエンジン走行になる。燃費は良いがモーターを回すバッテリーの残量が減ってくるとすぐにエンジンに切り替わり、車速約55km以下でも切り替わってしまう。長距離を走るとなったらこの点は気になる。

PHVのJC08モードでの燃料消費率は68.2km/L

プリウスPHVのEV走行距離は68.2kmと現在販売されている他社メーカーのPHVを大きく引き離していますが、これもJC08モードでの測定値なので、0.6を掛けて約41km。電池容量が2倍になったので現段階で60 km以上走行可能になった。

この数字なら普段使いで電気だけで走行が可能だ。高速充電機能もほとんどのグレードに搭載されているので長距離をモーターでの走行でこなすことが可能だ。

新型プリウスよりPHVがモーターでの走行性能を大きく上回っている。

新型プリウスPHVの関連記事

 

新型プリウスとPHV比較まとめ

普段、近場の買い物や仕事などに車を使う方は、モーターだけで航続距離が60kmも走れるPHVは最適だろう。今後トヨタの戦略として次のモデルからはPHVモデルが一本となりもっと身近な車になりそうだ。

一度体感してみないと分からないこともあるので、先進技術を体感してみてはいかがだろう

(コピーライター:M,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です