新型プリウス【マイナーチェンジ?】2018最新情報トヨタ営業に直撃!

プリウス新型マイナーチェンジ

スポンサーリンク

雑誌やネットやツイッターで話題になってている新型プリウスのマイナーチェンジについて。2018年の11月ごろではないかと噂です。その噂をナゴヤトヨペットの営業に電撃取材してきました。マイナーチェンジの予測と噂のまとめになります。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓

新型プリウス マイナーチェンジ・予防安全装置とフロント

現行プリウスの予防安全装備は最新型のアルファードなどに搭載されているものと比べると、アルファードでは車線を維持する機能や夜間問わず歩行者を検知しさらに自転車を認識できる自動ブレーキなどを搭載しており、プリウスの予防安全装備では性能的に見劣りのするものとなっています。

そのため、プリウスの新型へのマイナーチェンジではこのアルファードと同等の予防安全装備が搭載される可能性も考えられます。

ただしプリウスの予防安全性能がトヨタ全体で見て著しく劣るものというわけではないため、確実に搭載されるかまでは難しいところでしょう。

また、度々噂されるフロントデザインの変化ですが、モーターショーやテストコースの目撃情報などは一切なく噂の域を出ていない部分が強いのですが、仮にフロントデザインの変化が行われた場合は光が流れるデザインのシーケンシャルターンランプの装備はほぼ確定的と考えられます。

新型プリウスのマイナーチェンジ 外観予想はツイッターで話題です

デザインが不評の現行プリウス、今年の12月にマイナーチェンジでだいぶ、顔つきが変わる。
紫色が予想CGによるもの。少しは良くなる(?)と思うけど、どうなる事やら。

燃費やエンジン、ハイブリッドシステムに関してはトヨタでは現在進化の真っ只中と行った感があり、状況によっては燃費の数km/lの改善などもあるかもしれません。

ただし、新型エンジンの採用は世界で販売しているプリウスの立ち位置からして難しいかもしれません。


スポンサーリンク

縦長の巨大なディスプレイは新型プリウスのマイナーチェンジで採用されるのか?

2017年11月に発表された20,周年記念モデルのカタログには

↓↓↓↓↓↓

プリウスマイナーチェンジ

新型プリウスPHVの目玉 大型の縦型ディスプレイ

↓↓↓↓↓↓

プリウスマイナーチェンジ

プラグインハイブリッドの新型プリウスPHVで採用されている縦長の巨大なディスプレイですが、オプションで新型プリウスでも設置可能です。ですが・・・

正式名を11.6インチT-Connect SD ナビゲーションシステムといいますが、新車購入のときにナビを選ぶときに選択できるのですが、その価格がなんと、355,320円(税抜き)・・・正直、高いです。

私の新型プリウスに付いているのはT-Connectナビで159,800円ですが十分な機能で満足しています。

でも、どうしてもあの縦長のディスプレイが欲しい!というかたには2017年11月に登場した新型プリウス20周年記念モデルには、最初から11.6インチT-Connect SD ナビゲーションシステムが装備されています。

おまけにシートは本革シートですね。

一部改良された20周年記念モデルで採用された11.6インチT-Connect SD ナビゲーションシステムは、2018年冬または2019年に予定されているマイナーチェンジには間違いなく採用されるでしょう。

新型プリウス20周年のカタログには11.6インチT-Connect SD ナビゲーションシステムの写真が・・・


スポンサーリンク

新型プリウス マイナーチェンジ・ボディカラーはどお?

プリウスには9つのボディカラーが用意されており、最も特徴的な色はイエロー味の強い色のサーモテクトライムグリーンという色で、遮熱効果を持った塗装となっていて、エアコンのエネルギー消費を抑えることができる色となっています。

この機能を持った他の色の登場がまたれるところですが、サーモテクトライムグリーン自体が他車への転用もないことから、仮に登場したとしてもかなり先までかかるのではと考えられます。

一般カラーの追加に関しては現在不詳ですが、明るいブルー系の色、明るいブルーメタリック系の色、パープル系、オレンジ系などは現在のラインナップにはなく、追加の可能性のある色と考えられますが、ピンク系やゴールド系の追加の可能性はかなり低いのではないかと考えられます。

また、2017年11月に「20周年モデル」ツートンカラーのプリウスが特別仕様で用意され、ブラックルーフとブルー系、シルバー系、ホワイトパール系のボディカラーの組み合わせとなっています。

ボディカラー部分が増えることは考えられますが、ルーフカラーがサーモテクトライムグリーンやレッド系の色などになることはプリウスの車としての立ち位置からして考えにくいでしょう。

また、スリートーンやルーフ部分以外の塗り分けのツートンの登場の可能性も低いでしょう。

ナゴヤトヨペット営業に新型プリウスのマイナーチェンジ電撃取材!!

ナゴヤトヨペット担当営業に噂になっている私の乗っている新型プリウスのマイナーチェンジについて質問しました。

Mr.k「噂によると新型プリウスのマイナーチェンジがあるようなのですが、どうなんですか?」

営業「そうなんですよね。私達にもいつごろマイナーチェンジがあるのか知らされていないです。」

Mr.k「営業さんにもまだ、情報はないのですか?」

営業「はっきりとは・・・マイナーチェンジはあるかと思います。」

Mr.k「ぶっちゃけ、マイナーチェンジがあるなら、どうしたいですか?」

営業「やはり、フロントのイメージを変更と、ハリアーで人気の流れるウインカーLEDを標準でつけて欲しい」

営業「アクアにToyota Safety Sense Pが付きましたから。マイナーチェンジで装備されます。」

さっそくYouTubeの動画でハリアーをチェックしてみました。

ハリアーG´s流れるウインカー(フロント・リア)

おお、これが新型プリウスのマイナーチェンジで標準で装備されたら若い世代に人気がでそうです。

Mr.k「新型プリウスPHVもあるので、マイナーチェンジはどうなるのか?気になります。PHVは随分、高くなるので手がでないでしょ。似たデザインになるのかなあ?」

営業「新型PHVは、そんなにプリウスに比べても高くないですよ。補助金が随分でるので。縦型の大型ディスプレイを新型プリウスに取り付けると価格差はわずかですよ。」

新型プリウスと新型プリウスPHVの価格差が補助金があるのでカタログほどではない。となると、新型プリウスのマイナーチェンジ後のスタイルはどうなるのか?本当に気になるところだ。

ツイッターでも話題 その2

さっきはマイナーチェンジの予想を話してたけど今度はフルモデルチェンジの予想をしますね。
・TNGAのプラットフォームを採用
・自動運転採用(セーフティーセンスではない新しい奴)
・プリウスPHVみたいなデッカイナビがオプションで選べる
・燃費の大幅向上
・デザインの大幅変更
・FCV仕様誕生?

噂は聞いていたが、思ったより普通

— にょっち (@hari_nyocchi) 2018年6月18日

参考になるのがもう一つの7人乗りのSUVタイプのプリウスαの外観スタイル

ツイッターでも話題になっている。こちらの外観からも新型プリウスのマイナーチェンジを想像できるが。。。

プリウス 新型【マイナーチェンジ?】2018まとめ

雑誌やツイッターやネット、さらにはYouTubeでも話題になっている新型プリウスのマイナーチェンジ。

2018年末にあるのか?2019年、初頭にあるのか?

新型プリウスが発表されてから丁度、3年になる2018年末ごろと予想されています。

実は、私の新型プリウスは、9月で2年、2018年3月ごろが車検前、半年で営業からマイナーチェンジしたら買い替えたら?

買い替えをオススメするので、そのときはよろしくおねがいします。と、電撃取材と同時に営業されてしまいました。

ナゴヤトヨペットの営業もマイナーチェンジにはかなり期待しているようです。

(コピーライティング:Mr.k )

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です