新型プリウス【マイナーチェンジ】2019最新情報・店頭発表はいつ?

新型プリウス

目次

ついにプリウスが新型にマイナーチェンジしました。

申し込み受付中ですが、実物がディーラー・店舗にて公開されるのは

2019年1月19・20日で、全国一斉に発表される予定です。

外観はフロントとリアに、変更点が見られます。

「追突回避支援、アクセル、ブレーキ踏み間違え制御」が、新たに追加されています。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

プリウス新型にマイナーチェンジ!2019年1月19・20店頭発表

プリウス 新型 マイナーチェンジ https://toyota.jp/

新型プリウス

プリウス 新型 マイナーチェンジ https://toyota.jp/

プリウス 新型 マイナーチェンジ https://toyota.jp/

プリウス 新型 マイナーチェンジ https://toyota.jp/

プリウス 新型 マイナーチェンジ https://toyota.jp/

プリウス 新型 マイナーチェンジ https://toyota.jp/

雑誌やネットやツイッターで話題になってている新型プリウスのマイナーチェンジについて。2018年の11月ごろではないかとウワサがあります。

12月17日に、確実に新型プリウスマイナーチェンジは発表されます。11月28日から開催されるLos Angelesモーターショーにて、2019年版、プリウスが発表されます。11月のいつか不明だが価格発表!予約受付に関してはなんともいえないというディーラーの話です。トヨタグループ一斉に情報が配信されて確定する模様。随時、記事を更新します。

※11月29日 早朝のロサンゼルスモーターショーにて、マイナーチェンジされた新型プリウスが2019北米仕様で発表されました。荷台スペースの収容量が大幅にUPしています。画像を公開します。




新型プリウス マイナーチェンジ最新最新を随時更新中

11月29日の最新情報

「もう新型プリウスマイナーチェンジの先行予約は開始されています。北米プリウスでほぼデザインは確定で大丈夫だろう」先行予約では大々的にしてないんですが、一応いくらかお金を入れればできます。

しかし未だに、価格やらデザインなどが営業にも全く不明なのであまり先行予約しているひとは少ない。デザインは、北米仕様だろう。12月に発表なのでデザインはきっと一緒だと

11月20日の最新情報

プリウス2019 Toyota Prius teaser image (Toyota)

上記画像は、2018年11月28日のロサンゼルス・オートショーで2019年の新型プリウスのティーザー画像をトヨタが発表したのでアメリカでは話題なっています。ティーザーとは極短い、「特報」という意味ですが、謎や憶測を生む画像ですね。

マイナーチェンジされると思われますが、アメリカではプリウスは前輪駆動車しか現在は販売されていなくて、4輪駆動の新型プリウスで、屋根に荷台を取り付ける仕組みが付いています。

また、同じ日に発表されるRAV4ハイブリッドでのTGNAプラットフォームとなり、同様の4輪駆動の仕組みが取り入れられると予測もされています。

▶11/29 AM4:05 ロスアンゼルス Auto Show 動画放送

ロスアンゼルスモーターショー動画放送では、カローラと、スープラも紹介されました。いつもで視聴できるかわかりませんが、動画は現在、録画で視聴できています。

ロサンゼルス モーターショーの新型プリウスの画像は、記事の一番下の方へ、移動しました。

スポンサーリンク

新型プリウス マイナーチェンジは?どこ?予防安全装置とフロントはある?

新型プリウスのマイナーチェンジの一番、追加の可能性が高いのは?トヨタの営業にチェック!

営業
新型アルファードの最新仕様・予防安全装備は、新型プリウス搭載タイプよりも優れています。

トヨタディーラーの営業さんも次回プリウスのマイナーチェンジで採用されるのは

アルファードにあるような高度な予防安全装備の可能性があると言ってました。

内容は車線を維持する仕組みや夜間の道でも、歩行者を察知してくれる。おまけに自転車までわかってしまうという自動ブレーキをの機能があるとのこと。

そこまで認識してくれるのなら運転する私達も安心感が増します。是非、新型プリウスのマイナーチェンジに最新の予防安全装備を積載してほしいですね。

ライターK
雑誌やネットでも、たびたびウワサにでるフロントデザインの変更に関しては、テスト走行での目撃情報がなかなか出てきません。

トヨタのディーラー営業さんもフォロンとデザインの変更には期待しているようですが・・・

営業さんの予想ではハリアーにあるような光が流れるデザイン。実際にディーラーにて見せてもらいましたが、シーケンシャルターンランプの装着ありかな?っと営業さんは言ってました。

営業
燃費やエンジン、ハイブリッドシステムに関してはマイナーチェンジでは大きな改善はないかと思います。燃費の数キロ/Lの改善は、可能性ありですけどね。




縦長の巨大なディスプレイは新型プリウスのマイナーチェンジで採用されるのか?

2017年11月に発表された20,周年記念モデルのカタログには

↓↓↓↓↓↓

プリウスマイナーチェンジ

新型プリウスPHVの目玉 大型の縦型ディスプレイ

↓↓↓↓↓↓

プリウスマイナーチェンジ

車を高く売るなら【無料】一括査定
↓↓↓↓↓↓

プラグインハイブリッドの新型プリウスPHVで採用されている縦長の巨大なディスプレイですが、オプションで新型プリウスでも設置可能です。ですが・・・

正式名を11.6インチT-Connect SD ナビゲーションシステムといいますが、新車購入のときにナビを選ぶときに選択できるのですが、その価格がなんと、355,320円(税抜き)・・・正直、高いです。

私の新型プリウスに付いているのはT-Connectナビで159,800円ですが十分な機能で満足しています。

でも、どうしてもあの縦長のディスプレイが欲しい!というかたには2017年11月に登場した新型プリウス20周年記念モデルには、最初から11.6インチT-Connect SD ナビゲーションシステムが装備されています。

おまけにシートは本革シートですね。

一部改良された20周年記念モデルで採用された11.6インチT-Connect SD ナビゲーションシステムは、2018年冬または2019年に予定されているマイナーチェンジには間違いなく採用されると予想しています。

新型プリウス20周年のカタログには11.6インチT-Connect SD ナビゲーションシステムの写真があるので・・・

新型プリウス マイナーチェンジ・ボディカラーはどお?

プリウスには9種類のカラーがあります。保守的。ブラック、ホワイト、シルバー、女性がレッドにのってたり定番のボデイカラーを街中の走行中によく見かけます。

蛍光色のような特殊なイメージカラーにもなっている黄緑のカラーは実際にはあまり新型プリウスでは見かけません。購入層が年配の方が多いからだと考えられます。

マイナーチェンジで追加される予想カラー・色は?購入層も考えると奇抜なカラー・色は追加されないでしょう。定番の売れ筋中心ということですね。

ですが・・

2017年11月に「20周年モデル」(記事の上記のカタログ写真参考)のツートンカラーのプリウスが特別仕様がありました。ブラックルーフとブルー系、シルバー系、ホワイトパール系のボディカラーの組み合わせがあります。

ツートンカラーの組み合わせは、C-HRにも多数、マイナーチェンジで選択できるようになったりしています。

ライターK
新型プリウスが実際、街中で走行しているのを見かけると、圧倒的に黒と白が多いので、奇抜ではなくて高級感あり、少し個性もだせるツートンカラーのバリエーションは増えるかもしれませんね。

トヨタディーラー営業に新型プリウスのマイナーチェンジ電撃取材!!

トヨタディーラー担当営業に噂になっている私の乗っている新型プリウスのマイナーチェンジについて質問しました。

ライターK
「噂によると新型プリウスのマイナーチェンジがあるようなのですが、どうなんですか?」
営業
「そうなんですよね。私達にもいつごろマイナーチェンジがあるのか知らされていないです。」
ライターK
「営業さんにもまだ、情報はないのですか?」
営業
「はっきりとは・・・マイナーチェンジはあるかと思います。」
ライターK
「ぶっちゃけ、マイナーチェンジがあるなら、どうしたいですか?」

 

営業
「やはり、フロントのイメージを変更と、ハリアーで人気の流れるウインカーLEDを標準でつけて欲しい」
営業
「アクアにToyota Safety Sense Pが付きましたから。マイナーチェンジで装備されます。」
ライターK
流れるウインカーが新型プリウスのマイナーチェンジで標準で装備されたら若い世代に人気がでそうです。

「新型プリウスPHVもあるので、マイナーチェンジはどうなるのか?気になります。PHVは随分、高くなるので手がでないでしょ。似たデザインになるのかなあ?」

営業
「新型PHVは、そんなにプリウスに比べても高くないですよ。補助金が随分でるので。縦型の大型ディスプレイを新型プリウスに取り付けると価格差はわずかですよ。」

新型プリウスと新型プリウスPHVの価格差が補助金があるのでカタログほどではない。となると、新型プリウスのマイナーチェンジ後のスタイルはどうなるのか?本当に気になるところだ。

雑誌やツイッターやネット、さらにはYouTubeでも話題になっている新型プリウスのマイナーチェンジ。

2018年末にあるのか?2019年、初頭にあるのか?新型プリウスが発表されてから丁度、3年になる2018年末ごろと予想されています。

実は、私の新型プリウスは、9月で2年、2018年3月ごろが車検前、半年で営業からマイナーチェンジしたら買い替えたら?

買い替えをオススメするので、そのときはよろしくおねがいします。と、電撃取材と同時に営業されてしまいました。

ナゴヤトヨペットの営業もマイナーチェンジにはかなり期待しているようです。

(コピーライティング:Mr.k )

追記:

ここからは、ライターM,Mが、トヨタのディーラーに10月に再び突撃取材に言っていたので、新たな情報を追記していきます。

 

新型プリウスのマイナーチェンジ2018発表まで、数ヶ月になりました。インターネットでの新型プリウスのモデルのデザイン予想が沢山出てきている。

ディーラーでも価格・デザイン・発売予定日はまだ、知らせれてないが、それぞれの今まで経験上で考察している状態だ。今回の記事では、ディーラーで聞いた情報で、損のしない購入ができるように、まとめてみた。

新型プリウスのマイナーチェンジでデザインは?

2018年9月11日マイナーチェンジしたトヨタ「シエンタ」以前のモデルは2015年7月9日にフルモデルチェンジをしたデザインから一部改良され発売されました。

今年の12月には、発表される予定の新型プリウスだが予想画像が何個か出回っており、ディーラーの営業に新型プリウスの予想デザインを聞いてみた。

  • シエンタマイナーチェンジ後は、大幅に変化が無かった
  • フロント・リアのライトは変わった
  • 良く観察しないとどこが変化したか分からない人達も多くいた
  • マイナーチェンジは、あまりかわらない

そこで今回のマイナーチェンジをする新型プリウスなんですが、フロント・リヤのライトと室内が少し変わるだけで大幅には変化は期待できないとのことでした。マイナーチェンジが発売される前に他のやり取りもありました。

営業
「もし、現行のプリウスならいい条件提案できますが」

ライターMM
私「すみません。デザインが苦手で厳しいです。マイナーチェンジは現行より、少しマシになるかと思っててそちらを選びたいと思ってます」

営業
「苦手ですか。今回のマイナーチェンジ時期が少し早いんですが、理由がそこなんですよね。今の現行のデザインからきっと落ち着くと思います。PHV寄りになるかもです。」

新型プリウス

写真撮影:M,M

トヨタは基本強気のイメージがあったので、少し気にしてると聞いて内心ビックリした。仮にPHV寄りになると雰囲気がセダンよりになるかもしれない。

現行のプリウスのデザインは独特で好き嫌いがハッキリ別れる。

これ以上独特さを追求してしまうと、更にプリウスに対しての印象が悪くなってしまうのでデザインを大人しくして人気を取り戻す計画かもしれない。

 

旧型プリウスのオーナーの動向をトヨタは考慮している

https://prcm.jp

プリウス

3代目プリウスの人気は凄かったです。上記の写真は30系プリウスになりますが今でも良く街中で見かけることが多く、発売当時は納車待ちが最大で1年あった。

今回発売される新型プリウスに乗り換える可能性が高いと言われているのが2代目プリウスに乗っているユーザーだ。

2代目プリウス初代モデルが発売されて、15年程経過しており2011年モデルを購入していても7年経過する形になる。

自動車ローンなどを組む場合は5年契約が多い傾向があるのでそれを考えると2代目プリウスの後期を購入したユーザーがそろそろ乗り換えに動くのではないかと販売店は考えているみたいだ。

 

旧型プリウスのハイブリットシステム・メインバッテリーの交換時期

どの型のプリウスも長い間乗っているといつか、後ろにあるハイブリットシステムメインバッテリーを交換しないといけない時期が来る。

 

販売当初は、10年でダメになるなど一部で言われていたが、大体16万キロ超えたあたりから不具合が出てくるケースが多い傾向がある。

プリウスの先代モデルで30~40万の費用が発生してしまうと言われていましたが、2代目プリウスも20万円はかかります。

 

15万円以内でできるなどインターネットで書き込みがりますが、そんなに安くするにはリサイクルバッテリーなどを使えば可能化かもしれないが、新品では厳しいだろう。

実際に、長い間クルマを維持するのか3~5年でクルマを乗り換えた方が経済的にいいなど、沢山の口コミや情報があるが一概には言えない。

年々古いクルマに対しての税金などが上がったり、ガソリン・消耗品の値段が高騰するばかりで厳しくなってきている。

思いっきて購入に踏み切るのことも必要だが、その場合は必ず変門店にアドバイスをも貰う必要がある。

 

マイナーチェンジ発表は?12月前半か?2019年1月?

写真撮影:M,M

発表予想
発表は12月の後半ではないのかと、ディーラーで聞いているがこの情報も実はトヨタ・カローラ・ネッツ・トヨペットの4つの店舗によって返答が少し異なるんです。

12月の後半ぐらいであれば、1月になってからの発表の可能性が高い。12月後半からだと忙しい人が殆どになり12月は避ける予想

4つの店舗も12月前半には、と言っているので12月前半は確実でしょう。

9月で全然詳しい詳細がディーラーに伝えられていないので11月の頭にはどこら辺がモデルチェンジするなどハッキリしてくるだろう。

そもそも発表がいつと分かっても先に動いてなかったら、これからの時期ならではの損をすることがあるんです。

9月から4WDの中古車の下取り価格が上がる傾向がある
下取り業者で、高額査定が出てディーラーに持っていっても同等の金額が付く可能性が高い

 

そこまで下取りを意識する人は、少ないです。ディーラーで新車を購入して以前乗っていたクルマは、そなまんまディーラーに引き渡して終了することが多いです。

新車=値引きが期待できなく、人気のあるクルマは高くても売れるので以下にして下取り金額を、上げるかが重要だ。

冬を迎える前に、4WDのクルマの値段はどんどん高騰していくので発表予定が、12月か1月発売予定の新型プリウス2018購入時の下取りに使うことが可能だ。

本来の下取りは、価格帯を中古車一括査定で出してもらっても従来は同じ金額には無理だったが、今回のケースは下取り価格を同等にできる可能性が高い。

下取り額UPの理由は?トヨタの中古車の保有台数が減っている

トヨタが扱う中古車を最近見に行ったことがある方はお気づきだと思うが、トヨタの中古車が並べてある所に他のメーカーのクルマがある時がある。(名前は伏せますが、非常に状態が奇麗)

営業の方に聞くと「以前までは、あり得なかったことだが今じゃこうしないと中古車の数も足りないんです。トヨタを買ってくれた人の下取り車ですが、ここで購入できます。」と直接聞いている。

「納期が数ヶ月先でも、契約時にクルマの下取り価格は他社と合わせることができるケースがあるので」と一部の販売店で聞いたことがあるので契約時は、必ず聞いて損のない購入にしないといけない。

※どこの業者も契約を交わして4週間くらいでクルマが欲しいと言ってくるので、その後の期間はクルマが無い状態になる可能性もある

 

新型プリウスのマイナーチェンジ?11月頃には価格帯が・・・

写真撮影:M,M

現行のプリウスのグレードと価格帯は分かりやすくすると以下の通りになる。

プリウス

税抜きの大体の価格にその他オプションパーツを取り付けすると300万円は超えてしまう。SグレードとEグレードは300万円以下にできる可能性が高いので購入はしやすい。

早くて11月くらいには価格が出てきそうだが、ディーラーの営業の話によると現行のプリウスの装備は、追加の必要がないくらい十分備わっているのでマイナーチェンジ後、新型プリウスの金額は、あまり変わらない可能性が高いと聞いている。

12~1月に発売されると、新社会人でクルマが必要になり購入・消費税10%の前に購入・マイホームと同時購入など色々なイベントや今後の生活スタイルの変化などで新車が売れる時期に入る。

そこで今“新車が売れにくい時代”など言われてきているのに車体価格が買う側にとってリスクもあがり家庭の負担にもなる以前より高い設定金額はの可能性は、少ないだろう。

 

新型プリウスのマイナーチェンジ!どうやったら早く購入できるのか?

写真撮影:M,M

なるべく納期が無い状態で購入するには「先行発売」を使う。

“メリット”

  • 一般の納期より早く来る
  • 他社の下取りと同等にしてくれるケースが高い
  • グレード・ボディカラーを指定できる

 

“デメリット”

  • クルマの形が明確にハッキリしてない
  • キャンセルできない

 

先行発売は、ディーラーに電話・インターネット・直接来店など色々な方法で受付ができる。

だいたい正式発表がされる予定の1ヶ月くらい前から予約の受付が開始され、売り手も買い手もどちらも手探り状態になるが、グレード・カラー(2~3種類でもいい)を絞り大本が正式発表して直ぐに順番につく流れになる。

 

フルモデルチェンジでも同じような購入の仕方はできるが、全体のデザインが変わってしまうので想像すら難しくとても危険だ。

今回の新型プリウスはあくまでもマイナーチェンジになり、以前のデザインの評価の悪いことも踏まえて良くなる見込みが非常に高いので「先行発売」に乗りっ来てもいいだろう。

2019新型プリウス ロスアンゼルス Auto Show で明らかに!

改良新型トヨタ・プリウス(2019年型)、デザイン刷新 AWD-eシステムとは?北米トヨタが、プリウスのマイナーチェンジを発表!

2019年型は、フロント、リアデザインを改良しました。AWD-eシステム搭載車。4wdだと思いますがアメリカ仕様です。アメリカでの動きが日本にどういう影響を与えるのか?気になるところです。

(2018年11月28日付け)

日本でのトヨタの動きは?というと、全く動きはありません。11月中旬にディーラートップクラスの会合があったそうですが日本での進展はなかったとのこと。ロサンゼルスモーターショー以降に日本でのトヨタの動きが活発化すると予想します。

プリウス 2019

https://livestream.com/Toyota/LA2018/videos/184126430

2019北米仕様プリウスはフロントはさらに精悍さを増しています。

プリウス 2019

https://livestream.com/Toyota/LA2018/videos/184126430

プリウス 2019

https://livestream.com/Toyota/LA2018/videos/184126430

プリウス 2019

https://livestream.com/Toyota/LA2018/videos/184126430

2019北米仕様プリウスのリアのデザインは誰もが気に入るデザインです。

 

2019北米仕様プリウスのフロントは日本の雑誌が予想していPHVタイプの3眼タイプではありません。期待された流れるウインカーも搭載されていません。

2019北米仕様プリウスのサイドデザインも精悍さが増しています。

プリウス2019

2019北米仕様プリウスの液晶ナビは、大型のPHVタイプですね。予想どおりです

https://livestream.com/Toyota/LA2018/videos/184126430

2019北米仕様プリウスの荷台スペースがかなり拡大しています

11月9日の最新情報
今回発表されるクルマのデザイン、もしかしたら3代目 ZVW30に少し寄っている可能性。または、顔が現行のPHVで後ろが30のテールランプが採用される可能性。

12月から先行販売が始まる予想で(営業曰く)今回の流れはとてもユッタリしているとのこと。今でも営業の方たちは上から情報が、全然おりてこなくてお客様からの問い合わせも非常に増えてきてるらしいです。発表は変わらず12月後半か1月か?といったところです。

※アルファードのマイナーチェンジが1月にあります。その関係で何か動きが流動的のようです。

ウワサをトヨタのディーラーの営業に電撃取材してきました。マイナーチェンジの予測と噂のまとめになります。

新型プリウスのマイナーチェンジ発表は?ディーラー情報暴露! まとめ

2018年12月には、新型プリウス マイナーチェンジの価格帯が出てくるだろう。

新型プリウス2018マイナーチェンジの販売にはどこの店舗も非常に力を入れてきているので、今まであまりなかった他社の下取り金額などを合わせてくれたりなど、購入者にとってはとても良い条件がそろう可能性が高いです。

今から動き出すには早いと思われがちだが、早め早めに動かないと後から損するケースもあるので注意しないと行けない。

ディーラーに話を聞きに行けば、予想していることなどを教えてくれるので気になる方は、直接足を運ぶのをおススメする。

追記:12月7日に、確実に新型プリウスマイナーチェンジは発表されます。11月のいつかは不明だが価格発表!予約受付に関してはなんともいえないというディーラーの話です。トヨタグループ一斉に情報が配信されて確定する模様。随時、記事を更新します。(10/23現在)

(コピーライターM,M)




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です