新型プリウスPHV【車中泊】快適に過ごすには?気をつけることは?

車中泊

新型のプリウスPHVで車中泊をしてみたいと考える人は、オーナーを含めて多くいるかもしれません。

実際に、快適な車中泊を行うために気を付けるべきことや、活用するべきアイテムには、どんなものがあるのでしょうか。

これから新型プリウスPHVを使いこなす上でも大事なところになりそうなので、詳しく見ていきたいと思います。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

新型プリウスPHVで車中泊をするときに気を付ける部分とは?

新型プリウスPHVで車中泊をする時に、気を付けなければならないところは、どんな部分でしょうか。

他の車と共通する部分もありそうですが、特に初めて車中泊をしようとする人は抑えておきたい部分ですね。

少しでも快適に過ごせる状態を作るため、確認しておくべきことなどを見ていきましょう。

①窓は完全に閉めないでおく

防犯の意味などで、どうしても窓は完全に閉めておきたいと思う人が多いと思います。

しかし、完全に窓を閉め切った状態での車中泊は、体調不良を起こしたり、軽い酸欠を起こしたりする可能性があり、おすすめできません。

適度に外気が車内に入ってくるよう、わずかで構わないので窓を開けて車中泊を行うようにしましょう。

引用:http://makio-corporation.jp/%EF%BD%89%EF%BD%93%EF%BC%92%EF%BC%95%EF%BC%90%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BD%89/

極端に窓を開けきっても風雨で体に却ってダメージを与える可能性があるため、適度に窓の開ける幅を調整しておくと良いのではないでしょうか。

②脱ぎ着のしやすい服装で体温調整

車中泊で快適に睡眠や休養をとるためには、脱ぎ着のしやすい服装を意識することもとても大切です。

寒い時期であっても、厚着1枚で済ませることなく、薄いシャツなどを何枚も重ね着し、暑くなったら脱いで体温調節のできるようにしておくことがベストです。

また、夏場も夜は涼しくなることもあることが想定されます。

そのため、着ている枚数が少ない場合でも、何枚か薄めの着るものを用意しておき、冷えてきたと思ったらすぐに着られるようにすることが良いでしょう。

シーズンに関係なく、このような形式で脱ぎ着のしやすい服装を準備しておくことが、体へのダメージを少なくすることにも繋がりそうです。

③エンジンやエアコンは止めておく

車中泊の最中は、エンジンやエアコンは止めておくことが必須です。

安全の問題から、エンジンを停止した状態での車中泊を行うことが望ましいとされています。

音の問題や、長時間エンジンをかけ続けることによる、車への負荷も懸念されており、停止した状態が車中泊では大事になりそうです。

エアコンについても同様で、寝ている間はつけっぱなしにしておきたい人もいるでしょう。

しかし、車への負担が掛かりやすくなることに加え、寝冷えを起こすことも心配になってきます。

車中泊では全て停止、ストップさせ、温度調節は先程紹介したように、脱ぎ着しやすい状態で過ごすことがベストな体制と言えそうですね。




新型プリウスPHVの車中泊にオススメされるアイテムはどんなのがある?

新型プリウスPHVで車中泊をする際に、実際に役に立ちそうなアイテムは、どんなものがあるのでしょうか。

あらかじめオススメのグッズを知っておけば、ぐっすり車中で眠ることにも繋がりそうです。

色々な種類のものがありそうなので、詳しくチェックしていきたいと思います。

①エアマット

引用:http://car-moby.jp/115985

車内に敷くことのできるエアマットは、車中泊では今や定番グッズとして挙げられています。

新型プリウスPHVの車内にも簡単に設置できるものが多く、体が痛くならないように設置することもあるのではないでしょうか。

最近では、持ち運びに便利なタイプのエアマットも多くなり、実際に寝る時に広げて準備をするスタイルが一般的です。

空気を入れて自在にマットの柔らかさや厚みを調節できるため、自分なりに寝心地の良い空間をセットできます。

使わない時はあまりスペースを取らず、利用する時だけ広げられるものは、重宝しそうです。

②ブランケットやタオルケット

ベットになるエアマットと共に、掛け布団になるアイテムも用意しておくと良いですよね。

しかし、本当に掛け布団を車内に持ち込むことは、どうしてもスペース的な問題で躊躇してしまいます。

掛けるものが欲しいなという場合には、ブランケットやタオルケットなどを用意しておくと良いでしょう。

寒いと感じる時に気軽に取り出して利用できるほか、それほど重みがなく使い勝手も良いためです。マットと一緒に用意しておけば、快適に睡眠のとれる状態が作れるでしょう。

③RV-BOX

新型プリウスPHVのシートは、マットを敷こうとすると段差が生じてしまうという特徴があります。

その段差を埋めるために、RV-BOXでその隙間をカバーすることは、快適さを大きく高めてくれるかもしれません。

シート同士の隙間や段差があると、マットを敷いて寝る時に気になってしまうという人もいるでしょう。

その問題点を解決することに、RV-BOXをうまく取り入れるとメリットが出てきますね。

快適に寝ることに加えて、RV-BOX自体が収納空間のあるアイテムでもあることから、車中泊に必要なものをここに収納できることも特徴的です。

車の中は、スペースがある程度限られてくるものの、RV-BOXを段差のカバー目的に使い、なおかつ収納空間を増やすこともできて一石二鳥です。

④クーラーボックス

冷たい飲み物が欲しいとなった際には、クーラーボックスは重宝してきます。

特に暑い時期の車中泊では、ドリンクの用意は欠かせませんが、クーラーボックスが手元にあるだけですぐに冷たい飲み物を手にすることが可能です。

どの程度の飲み物を用意するかによって、ボックスの適切なサイズは変わってきますが、新型プリウスPHVの車内空間とのバランスを考えることが一番大事になります。

そんなに飲み物は必要ないと思ったら、コンパクトなクーラーボックスも手軽に購入できるので、小型のものもオススメです。

⑤折り畳み式テーブル

軽食を取りたい時などには、折り畳み式のテーブルも役に立ちそうですね。

ただ、新型プリウスPHVの車内を有効に使うという時は、小さめの折り畳みテーブルを使った方が、確実に利用できるかと思います。

様々な種類のサイズで折り畳み式のテーブルが売られているものの、広げてゆとりを持てる状態にすることがベストです。

収納するスペースや場所も考慮すると、空間にゆとりを感じられるコンパクトな折り畳み式テーブルを使ってみると良いかもしれません。

長時間車中泊を行う際などは、こういった折り畳み式のテーブルが手元にあれば、楽しく快適に過ごせること間違いありません。

引用:http://www.azurestyle.jp/car-ikeatable

⑥ライト

車中泊の時は、暗い中での生活がベースになります。

車の外に出たい時や、車内で動きたい時には、真っ暗なため危ないということも考えられます。

手元にヘッドライトやLEDのライト、ランタンなどをひとつ準備しておけば、とっさに移動する時にも安心できるかと思います。

車中泊やキャンプなどのシーンに適したライトは、現在簡単に手に入れることができます。

そのため、コンパクトで持ち運びに便利なライトを用意し、使う時でだけ点灯させると効率が良さそうですね。

携帯電話でライトを点けることのできるものもありますが、確実に使えるライトは味方になるでしょう。

新型プリウスPHVの関連記事

スポンサーリンク

プリウス 新型 PHV 車中泊を快適に過ごすには? まとめ

新型プリウスのPHV仕様で、車中泊を快適にするための方法やグッズについて、ここまで見てきました。

他の車にも共通する部分はありますが、車中泊は安全に行うことが大前提になります。

そのため、車は完全に停車させ、窓は少し開けておくことが鉄則として挙げられるでしょう。

また、服装に関しては体温調節のしやすいものとし、サムは時にはブランケットなどで対処するというのが、一般的なスタイルとなってきます。

車中泊では、沢山のグッズを利用することで快適に過ごせる環境がと整えられます。

睡眠をとるための環境を作るためのアイテムが特に人気であり、新型プリウスPHVを車中泊仕様にアレンジすることに役立てられています。

車中泊で気を付けるべきことと、用意しておくと便利なアイテムを抑えておくことで、新型プリウスPHVを最大限に活用することもできるのではないでしょうか。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です