新型プリウスPHV【GRスポーツ】燃費や評価はどお?試乗はできるの?

GR

新型プリウスPHV”GRスポーツ”試乗しに行きました。

カタログやインターネットで直ぐにクルマの写真を見ることができるが、実際に見ての感想・試乗してどうだったのかまとめた。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

PHV【GRスポーツ】に実際に試乗してみたレビュー

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grspriusalpha/

PHVは、時速60キロまで電気で走行することができるる。

今回は、信号が少ない道路で試乗することができPHV【GRスポーツ】の加速がいいと言った口コミを検証してみる。

先ず、運転席に座り目についたのが室内のインテリアで、全てPHV【GRスポーツ】専用設計になる。

 

動画撮影:M,M

新型プリウスPHV モチベーションも上がる室内インテリア

 

 

写真撮影:M,M

 

車内の雰囲気で、モチベーションも上がり運転開始するがエンジンをかけても、やはり凄く静かで走りだすまでは通常のEVと何ら変化はない。
しかし、信号があまりない道路を走行中アクセルをべた踏みしてみると加速がとてもスムーズに。

加速と同時にエンジンが少しは唸るかと思いきや、車内はとても静かで快適に運転する事ができ、シートも【GRスポーツ】専用設計で少し硬めにできているが長時間運転していても問題なさそうだ。

アクセルを踏むのと同時に、マルチインフォメーションディスプレに専用タコメーターがあるので目で確認しながら運転することもでき細かいドライバーへの工夫が施されている。

1800ccだが、ついついアクセルを踏み込んでしまうぐらい運転が楽しくなるPHV【GRスポーツ】だ。

ボディの下は、補強パーツで効果と強度と耐久性が追及されドライバーの思い通りの走行が可能になっている。

20系プリウスの「カックンブレーキ」はとても酷かったが、PHVのブレーキは特に気になる点もなくスムーズに動かすことができた。

 

写真撮影:M,M

動画撮影:M,M

新型プリウスPHV 独特のエンジン音を聴いて

停車中に、エンジンを吹かしてもらったが思っていた以上に静かでクルマの側に立っていても周囲の音が聞こえににくいこともなく、どれだけ急加速しても時速が60キロ以下であれば電気走行できるのはやはり魅力的だ。




PHV【GRスポーツ】 は実際に見ないと分からない

写真撮影:M,M

 

カスタムが全くされていないプリウスPHVでも、現行のプリウスに比べ見た目は全体的に高評価な意見が多い。
かなり独特なヘッドライト・テールランプのシルエットは、ボディの色で雰囲気を変化させることが可能になっているが

PHV【GRスポーツ】をまじかで見れば、欲しくなる

と言ってもいい。
クルマが開いていれば、いつでも試乗は予約しなくてもでき、更に実際に販売店に来るユーザーもクルマが”GRスポーツ”車が殆どなので点検やチューニングで来るクルマを見て楽しむことができる。

 

PHV【GRスポーツ】の外観は、フロントバンパー・スポイラー・リアバンパーが純正とデザインが全く違う。
専用アッパーグリル+大開口ロアグリルのデザインは、今までの電気自動車のイメージを変えた。

後ろのバンパーからは、マフラーは見えないがのぞき込めば見ることが可能だ。

 

動画撮影:M,M

新型プリウスPHV ライトアクション

 

 

 

写真撮影:M,M

 

燃費のいいクルマPHVだが、カスタムすることによって性能が落ちて本来引き出せる力も引き出せなくなるのではないのか?

 

電気自動車に近いクルマを、ドレスアップして台無しにしている。

 

そのまま乗った方が、いいに決まっている。

全くそんなことはない。

カスタム(チューニング)されることによって、大切なところは残し改良できるところは改良し更に上を目指すことによって

思い通りの、パフォーマンスを可能にできる。

カスタムの仕方によっては、もちろんクルマをダメにしてしまうこともあるがGR自体が走りの機能を追求したモータースポーツ直径のデザイン・構造になっているので乗っていても楽しめるクルマになったと言いえるのが新型プリウスPHV【GRスポーツ】だ。

新型プリウスPHV【GRスポーツ】は、燃費も追及でき走りも追及することが可能だ。

GRスポーツ設計されているPHVだが、燃費・走行・デザインどこをとっても満足できるクルマだ。

加速する時は、とてもスムーズに回転してくれるので踏み込んでしまうユーザーが多いと聞いたが、一度乗ってみればすぐに理解できるだろう。

安全装備やToyota Safety Senseは、装備されていないが。

(コピーライター M,M)

スポンサーリンク

新型プリウスPHV GRスポーツの実際の燃費はどの程度?

新型プリウスPHVのGRスポーツは、実際の燃費やオーナーからの評価がどのようなものか、気になるところです。

新型プリウスPHVのスポーティーなモデルとして話題を集め、口コミでオーナーの実感を測る必要があるのかもしれません。

また、新型プリウスPHV GRスポーツを買おうか検討する時、試乗できる場所があるのかも知っておきたいですよね。

そこで、この記事では新型プリウスPHV GRスポーツの燃費などの評価や、実際に試乗のできる場所があるかどうかなど、見ていきたいと思います。

新型プリウスPHV GRスポーツで実際に出る燃費は、どの程度の水準なのでしょうか。

購入する前に知っておきたいところかと思うので、詳しくチェックしていきましょう。(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

 

①カタログ燃費は37キロ/Lを超える

新型プリウスPHVの燃費は、カタログ燃費では37.2キロ/Lを誇っています。

この燃費の数値は、GRスポーツのグレードでも同様であり、非常に優れた燃費の水準が期待できることが分かります。

通常のグレードとGRスポーツのグレードで、極端に燃費の数値が異なる心配はなく、購入時にも安心できる部分になると思います。

引用:https://toyota.jp/priusphv/about/?padid=ag341_from_priusphv_navi_about

 

②実燃費は20キロ/L台後半が平均

実際に新型プリウスPHV GRスポーツに乗るオーナーが計測した燃費は、概ね20キロ/L台後半が平均的な数値になっています。

GRスポーツではない標準の新型プリウスPHVでも、似た燃費の水準であるため、性能差もほぼないと言えそうです。

カタログ燃費に比べて、約10キロ/L程違いがありますが、走行する際の環境や、車内の荷物の量などによって、燃費は左右されていきます。

そのため、毎日乗り続けている人でも、日によって燃費は変動することは、あらかじめ頭に入れておくと良いのではないかと思います。

数値が良好な時には、30km台に突入することもしばしば期待でき、GRスポーツの新型プリウスPHVに乗る人には、高評価を得ています。




GRスポーツの外観についての評判は?

新型プリウスPHV GRスポーツの外観についての評判や口コミは、どういつたものが多いのでしょうか。

ノーマルモデルに比べても、特徴が際立つ部分でもあるので、この点も詳しく見ていきたいと思います。

①細かい部分のこだわりが大きな魅力

GRスポーツは、標準のモデルよりも細かい部分のデザインにこだわりのあるところが魅力となっています。

オーナーからも、こうしたGRスポーツならではのこだわりが強い点が、良いところであると評価されており、新型プリウスPHVの格好良さを引き出しているとも実感されているようです。

引用:https://cobby.jp/priusphv-grsports.html

外観全体に、パーツを散りばめられていますが、フロントマスクやバンパーなどもパーツの形状がアレンジされています。

スタンダードな車とは少し違ったものに乗りたいと考える人に対しては、GRスポーツのカスタム仕様は、とてもオススメされると言えそうです。

 

②足回りにも細かいデザインの差別化が

パーツをアレンジすることで外観に変化が与えられていますが、足回りにも同じ特徴が現れています。

タイヤに装着するホイールが、標準では15インチですが、GRスポーツに関しては18インチと大きめのものが取り付けられています。

スポーティーさを印象付けるには欠かせないホイールのインチアップですが、新型プリウスPHV GRでもうまく行われていますね。

PHVは電気とガソリンを融合した新しい特徴ある車ですが、その印象とのギャップも大きくなっています。

そういった点も含めて、足回りのスポーティー感の強化はオーナーからの評価が高くなっています。

③全体の印象に関わる車高ダウン

GRスポーツの仕様では、ノーマルの新型プリウスPHVと比較すると、10mm程度の車高ダウンが図られています。

全体的に重心が下がり、引き締まった印象をより強いものとすることに繋がっています。

スポーティーさを求める人からは、車高が低めで車自体に締まったイメージがあることを求めることが多いようです。

そのようなニーズに対してマッチする特徴であり、標準の仕様との差別化にも貢献している特徴と言えるでしょう。

GRスポーツの内装に関する評判は?

外装と共に、内装もどのような評価が寄せられているかは気になりますよね。

オーナーから寄せられる評価や口コミから、内装はどうなのか、見ていきたいと思います。

①外観とリンクするインテリアは好評

GRスポーツ仕様に作られた内装のデザインは、外装とのリンクが強いと評価されています。

元から新型プリウスPHVはスタイリッシュさが強いものの、GRのカスタマイズでその特徴は強化されています。

内装も、それに呼応する形式でスポーティーさが最も強いとされ、オーナーからも高い評価を獲得しています。

車内の至る所にGRのロゴデザインが施され、標準仕様との違いがハッキリと出ています。

ステアリングホイールや、タコメーターなどにこのロゴが付けられ、乗る人の目に付くところにこのような仕掛けが施されています。

シートもGRスポーツ専用のものが装備されていることから、その点も普通の新型プリウスPHVとは一味違ったテイストとなっています。

②インテリアは“プラチナブラック”で統一

内装は、プラチナブラックという色合いで統一されています。

引用:https://cobby.jp/priusphv-grsports.html

この点も、オーナーからは魅力的に感じる部分として、口コミなどでもしばしば挙げられる部分です。

落ち着きのある黒の質感が受け、外観との調和がとれていると実感されているようです。

パーツが黒で統一されることに加え、プラチナに通ずる光沢感も演出されています。

他の車ではなかなか実現されないインテリアの色合いであり、好感が抱けますね。

各パーツが標準仕様と差別化が図られるのと同様に、新型プリウスPHV GRスポーツのポイントとなるでしょう。

新型プリウスPHV GRスポーツの試乗できる場所はある?

GRスポーツ仕様の新型プリウスPHVに試乗できる場所は、あるのでしょうか。

市場が可能な場所や、どんな機会で試乗のできる可能性があるか、見ていきたいと思います。

①試乗のできる場所はGR garageのあるディーラー

GRスポーツタイプの新型プリウスPHVは、トヨタのディーラーの中でもGR Garageのサービスがある店舗で試乗が可能です。

引用:https://motor-fan.jp/article/10003684

トヨタにはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店、レクサス店のディーラーがあるものの、特定のディーラーのみにGR Garageが設置されている訳ではありません。

店舗によって設置の有無が異なっており、この専用のサービスを展開する店舗での試乗が可能となっています。

もしも新型プリウスPHV GRスポーツの試乗を考えている場合は、事前にGR Garageのあるディーラーや店舗を探してみると良いかもしれません。

 

②試乗に関するイベントは随時開催

GRスポーツタイプの試乗に関するイベントは、各GR Garageのある店舗で随時開催されています。

そのため、実際に新型プリウスPHVのGR仕様を乗って体感することのできる機会は、多く設けられていると言えるでしょう。

地域によっては、複数の店舗で同時に試乗のイベントが開かれることもあるため、新型プリウスPHVの乗り心地や、GRスポーツの特徴的なデザインをチェックできることも期待できそうです。

こうしたイベントをうまく使いながら、GR仕様の新型プリウスPHVを身近に感じてみると良いのではないでしょうか。

 

プリウス 新型 PHV【GRスポーツ】燃費や評価はどお?試乗はできるの? まとめ

トヨタ 新型 プリウスPHV GRスポーツ 実車見てきたよ☆ 動画

GRスポーツ仕様の新型プリウスPHVについての、燃費や評価、市場ができるかなどについて見てきました。

実燃費は、標準の新型プリウスPHVとほぼ同じであり、スポーティーになったからと言って燃費が悪くなる心配はないようです。

ユーザーから寄せられる評価は好意的なものが多く、内外装ともに上々のレビューを集めています。

外装については、一般的な新型プリウスPHVとの差別化が徹底され、細かいパーツのアレンジなどで締まった印象のある見た目に仕上げられています。

内装も外装とのリンクが強くなっており、統一感あるイメージを崩していないところが、オーナーからも魅力的なポイントとして挙げられていますね。

このように口コミで良い意見が複数集まるGRの新型プリウスPHVは、試乗できる機会も全国の各地で用意されています。

GR Garageのあるディーラーで、試乗のイベントは随時開催されているため、気になった時に試乗に参加してみると良いかと思います。

細部までこだわりを持たせ、スポーティーさがアピールポイントとなっているGRスポーツの新型プリウスPHVは、見た目も走りも納得できる仕上がりと言えるでしょう。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です