新型プリウスPHV【モデリスタ仕様】車高や黒や青のカラーはどお?

モデリスタ

新型プリウスのプラグインハイブリッド仕様である新型プリウスPHVは、特徴的なエクステリアが目を惹く、新しいモデルです。

その新型プリウスPHVには、モデリスタのカスタマイズ仕様が設定されています。

このモデリスタ仕様については、販売がスタートした当初から、注目されるモデルのひとつとして、度々挙げられています。

特に注目を集めているのが、その車のサイズやカラーリングではないでしょうか。

その記事では、具体的な新型プリウスPHVの特徴について、詳しく見ていきたいと思います。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

モデリスタのパーツ装備で車高に変化あり?

モデリスタのパーツを装着することにより、新型プリウスPHVの車高には変化が出てくるのでしょうか。

その点に関しては、モデリスタ仕様を購入したいと思う人が、気になる部分になると考えられます。

パーツを取り付けることでの変化があるのかについて、ここで見ていきたいと思います。

①車体を低く見せる地上高に変化を作る

モデリスタ仕様のパーツを装着した新型プリウスPHVは、地面と車体との間の地上高に変化をもたらしています。

ダイレクトに車高を低くするのではなく、パーツを取り付けることでローダウンしたような見た目を実現させることが可能です。

新型プリウスPHV用の装備可能なパーツは複数用意されており、フロント、サイド、リヤにまんべんなく設置するのが、一般的なようです。

地上高というワードを抑えておくことで、新型プリウスPHVのモデリスタ仕様の外観の特徴を理解することにも繋がります。

②地上高を低く見せられるパーツは主に3種類

地上高の調整に役立つカスタムパーツは、代表的なものとして3種類が挙げられます。

取り付ける場所によって分けられており、それぞれ確認しておくと良いかもしれません。

★フロントスポイラー

車体前面に取り付けるのは、フロントスポイラーです。

スポイラーを着けることで、顔とも言えるグリル部分に存在感が増し、更に車体と地面との距離も短くなります。

スポイラー有りの状態では、装備なしの時に比べ、38mm程度地上高が短くなるとされています。

4cm弱の調整が可能となることから、見た目にも変化が起こりやすいと思います。

引用:https://toyota.jp/priusphv/customize/modellista1/

★サイドスカート

車体の横にはサイドスカートを装備します。

デザインはシンプルなものではなく、スタイリッシュでフロントとのマッチしている点がポイントです。

スカートを取り付けると、地上高は約23mm短縮することができます。

横から見た時に、地面と車体が接近している状態は、見る人の印象を大きく変えることは間違いありません。

引用:https://toyota.jp/priusphv/customize/modellista1/

★リヤスカート

フロント、サイドと来たら、もちろんリヤにも専用のスカートを取り付けられるパーツが用意されています。

リヤスカートは、一番地上高を短縮できるとされ、装備が加わることで約52mmの短縮が行われます。

前部、横の部分に比べても、短縮の効果は一目瞭然ですね。

リヤからの見た目は、もうすぐ地面に接してしまうのではないかというほど近く、インパクトある外観にも繋がっています。

スカート自体も重厚感ある見た目や質で、エクステリアを大きく変えることに役立ちます。

引用:https://toyota.jp/priusphv/customize/modellista1/

車高調のできる方法は?

地上高を調整するために、パーツを取り付ける方法が一番簡単であることが分かりました。

では、実際に車高を調整して、カスタマイズができる方法があるのかも、気になるところです。

パーツを設置する以外の車高を調整する方法について、詳しく見ていきましょう

①車高調のできる方法はローダウン

モデリスタ仕様の新型プリウスPHVで、車高を調整する際には、ローダウンの方法が挙げられそうです。

見た目だけの調整については、先程のスポイラーやスカートを使うことで対処できますが、車高そのものを調整する場合は、ローダウンが適切でしょう。

多くのカスタムカーで、ローダウンは取り入れられているものの、モデリスタの新型プリウスPHVでも同じような特徴が出ています。

モデリスタ仕様を選ぶオーナーから、人気を得ているのではないでしょうか。

②ローダウン時にはダウンサスを利用

 

引用:https://item.rakuten.co.jp/jms-silverback/149935/

本格的にローダウンに着手したいという場合には、新型プリウスPHV用のダウンサスを利用することが良いとされています。

モデリスタ仕様の新型プリウスPHVに適するサスペンションは、製造するメーカーがいくつか存在します。

モデリスタが直接ダウンサスを取り扱っている訳ではないものの、必要に応じてダウンサスを調達してみても良いかもしれませんね。

地上高を調節するパーツとの併用も行うことができるので、見た目、そして実際の車高の調整を同時進行でやることもできるのではないでしょうか。

③ローダウンによる効果はどれ程か

では、新型プリウスPHVにローダウンを施すと、どれくらい車高が変わるのでしょうか。

平均的な変化として、車体のフロント部分は20mm程度、リヤ部分は15mm程度のローダウンが期待できるとされています。

モデリスタ仕様のデザインの特徴にマッチする形式で、車高が低くなることに繋がりそうです。

実際にモデリスタの新型プリウスPHVでローダウンを施した人からも、適度に車高調ができ、新型プリウスPHVのデザインの良さがプラスされていると評価されています。

極端にダウンサスでローダウンが行われてしまうと、走行に支障が出てしまうため推奨されていませんが、この範囲であれば走行にも問題ないでしょう。

パーツの取り付けだけでは物足りないと感じる人も、サスペンションのカスタムを選択肢に入れてみると納得できるかもしれません。




人気色の黒や青はどんな仕上がりなの?

モデリスタ仕様の新型プリウスPHVでは、黒系や青系のカラーが人気とされています。

それぞれの色の特徴や、実際のオーナーの口コミはどうなのでしょうか。

①車に締まった印象を与えるブラックマイカ

引用:https://www.modellista.co.jp/product/priusphv/special/

黒系のカラーは、アティチュードブラックマイカと呼ばれるものです。

カスタマイズ仕様の新型プリウスPHVを、全体的に引き締まった印象に仕上げる、魅力的な色として注目されています。

モデリスタの新型プリウスPHVの中では、最も人気を集める色としても知られており、オーナーからも好まれています。

落ち着いた印象を与えると共に、カスタムパーツとの相性も抜群です。

そのため、他のカラーに比べても、選ばれる機会は多く、ポピュラーと評価されるのではないでしょうか。

②アクアメタリックはちょっと変わった青系カラー

引用:https://www.modellista.co.jp/product/priusphv/special/

青系のスピリテッドアクアメタリックは、鮮やかで明るめのカラーリングとなっています。

きらめきのある色遣いであり、なかなか見掛けない色であったことから、人気沸騰中の色として挙げられるでしょう。

モデリスタのカスタマイズにもマッチし、新型プリウスPHVをカスタムして乗る人が選ぶ色の中でも、人気を誇るものになっていますね。

③どちらの色も概ね良い評価を獲得

アティチュードブラックマイカ、スピリテッドアクアメタリックの両カラーは、乗る人からも概ね良い評価が寄せられています。

ブラックマイカについては、王道の色でありながら、モデリスタのカスタム仕様とのマッチングもできている点が、最も高い評価を獲得しています。

また、どちらかと言うと無難な色でもあり、長く乗り続けることに適しているとも口コミで挙げられていました。

アクアメタリックに関しては、特徴的な色であり、新型プリウスPHVのカスタムモデルに調和していると評価されています。

新型プリウスPHVのための色でもあり、モデリスタ仕様でもそのオリジナルさを実感でき、ブラックマイカと同じように人気を集めることに関わっていると言えそうです。

スポンサーリンク

プリウス 新型 PHV【モデリスタ仕様】車高や黒や青のカラーはどお? まとめ

新型プリウスPHVのモデリスタ仕様の車高やカラーについて、ここまで見てきました。

車高を低くする方法として、カスタムパーツで地上と車体の高さを調節することが、最もポピュラーな方法であることが分かりました。

しかし、車高調をローダウンで調節して、より現実的に高さを変えることもできるため、うまくその手法も実践してみると良いかもしません。

また、ブラックマイカやアクアメタリックは、新型プリウスPHVのモデリスタの仕様では人気を集めていることもわかりました。

オーソドックスな黒系統の色、そして鮮やかで革新的な青系のアクアメタリック間色が、このカスタムモデルでは人気のツートップとなります。

どちらの色も、車の雰囲気にマッチしていることから、これからも長く人気を維持していけそうですね。

 

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です