新型プリウスPHV【急速充電や自家発電】して走るって何?


スポンサーリンク

新型プリウスPHVは、急速充電の機能や、自家発電で走る機能など、先進的な特徴があります。

では、このような充電や発電の仕組みとは、一体どんなものなのでしょうか。

プラグインハイブリッドとの関連性もあるので、知っておきたい部分ですね。

この記事では、急速充電や自家発電などの、新型プリウスPHVの特徴について、見ていきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓

そもそもプラグインハイブリッドとは?

新型プリウスPHVの特徴である、プラグインハイブリッドが何かを、まずはおさらいしておきましょう。

一般的なハイブリッド車は、エンジンと電気モーターの動力を組み合わせて走る形態を指しています。

そこにプラグインというワードが頭に付くと、家庭で利用されるコンセントから、バッテリーに直接的に充電することのできる特徴が付属します。

つまり、家に電源があれば、車を充電してその電力で走ることのできる、近未来的な車ということです。

新型プリウスPHVはこうしたプラグインハイブリッドというスタイルの車であることから、充電や発電といったワードが出てくるのですね。

一見車じゃないみたいだとイメージを抱く人もいるかもしれません。

しかし、こうした技術で車が走行して、様々なメリットを生み出しているのもまた事実であるとされています。

 


スポンサーリンク

新型プリウスPHVの急速充電機能とは?

急速充電機能を持った新型プリウスPHVですが、この充電機能はどんなものなのでしょうか。

どれくらいのスピードで、充電が進められるかなど、気になるところをチェックしていきましょう。

①わずか20分で充電が進められる

急速充電の方法を選ぶと、わずか20分で新型プリウスPHVに充電を行うことが可能です。

このような高速充電ができる点は、動力がなくなると心配になる人には安心できるポイントになりそうですね。

しかし、この急速充電には、ひとつ特徴があります。

それは、20分で充電できるパワーは、全体の80%までという点です。

通常時は、100Vで約14時間かけて満充電にするか、ボルト数を高めて200Vで、約2時間半で満充電にするのが一般的です。

通常の充電に比べて、どうしてもバッテリーに対して負荷が掛かるものとされ、全体の8割までの充電で抑えています。

とは言え、ちょっとした空き時間にパワーを8割の水準まで回復させられるのは、新型プリウスPHVの大きな特徴であり、メリットになりますよね。

通常の充電方法と併せて、この急速充電について知っておくだけでも、新型プリウスPHVに安心して乗ることに繋がるかと思います。

②急速充電は主に外出先で

引用:http://www.motordays.com/newcar/articles/prius-phv-toyota-imp-20170414/

実際に新型プリウスPHVを、急速充電でチャージするとなった場合には、どこで行うことになるのでしょうか。

基本的には、新型プリウスPHVのオーナーの自宅で、急速充電を行うことは専用の充電機器がないとできず、外出先で充電することになるでしょう。

今では急速充電に対応した充電器や充電用のステーションが、多くのところに設置され始めています。

そのため、新型プリウスPHVに乗る人が、出先で急速充電機能を使うことのできる機会も、少しずつ多くなり始めています。

高速道路のサービスエリアや道の駅などは、特に充電機器の設置されるケースが多くなり、充電したくなった時の目的地によく挙げられています。

また、ショッピングモールなど比較的身近な所にも設置される機運が高まり、より手軽に高速で充電のできるこの仕組みが取り入れられています。

最近では、新型プリウスPHV対応の急速充電可能な場所を、ネットやスマートフォン向けアプリなどで検索することもできます。

遠出している際や、初めて行く場所にいる場合などにも、不安になることなく充電ステーションを知ることもできるでしょう。

原則として外出した先で急速充電をするということをイメージして、新型プリウスPHVに乗ってみると良いのではないでしょうか。

 

③適度な急速充電の活用がベスト

急速充電機能は、非常に便利で頻繁に使ってみたいと考えるオーナーもいるかもしれません。

1日に1回や、数日に1度など、適度なペースこの充電方法をやることには、特に問題はないとされています。

充電しようとする度に毎回急速充電を選んでいたり、1日に何度も急速でチャージする状態が続いたりすると、場合によっては搭載バッテリーの寿命が早まる可能性もあると想定されます。

必ずそのような状態になるとは警告されていないものの、適度なペースで急速充電を取り入れるようにして、上手く通常の自宅での充電と組み合わせる良いと思います。

長く新型プリウスPHVに乗り続けるという観点からも、急速充電を行うペースはちょっと考えてみると良いですね。

 


スポンサーリンク

新型プリウスPHVの自家発電機能とはどんなもの?

新型プリウスPHVには、急速充電と共に自家発電機能というものも搭載されています。

非常に興味深い機能であるため、ここで見ていきたいと思います。

①ソーラー充電による自家発電の実現

自家発電の仕組みは、新型プリウスPHVに搭載されるソーラー充電機能によるものとなっています。

引用:http://sustaina.me/?p=1560

車体の上部には、太陽光を受けて発電できるパネルが設置されています。

このパネルで自家発電を行い、電力を作り出すことが可能なのです。

発電され、生み出された電気の制御を担うソーラーECUというパーツ、そして蓄電の役割を担うソーラーバッテリーのパーツが装備されています。

バッテリーから動力源になるリチウム電池に電力が供給され、電気で走れる状態が形成されます。

蓄電された電力の供給は、駐車している時に行われるのも、この新型プリウスPHVの特徴となっています。

※ソーラー充電(太陽光発電)はオプション仕様。グレードは、 S、Sナビパッケージに限られます。

②自家発電のパワーで5km程度の走行が可能

ソーラーパネルから取り込んだ電力のみでは、1日におよそ5km走行できるとされています。

ガソリンを一切使わないで走行できる距離としては、トップクラスとなっています。

晴天時にしっかりと充電した状態での走行距離の見込みとなっていますが、ある程度走れる可能性のある点は大きなメリットになりそうです。

動力源が無くなってしまったときなどには、こうした自家発電で蓄えたパワーに頼ることも、新型プリウスPHVでは簡単に実現させることができるかと思います。

③発電した電力は、走行以外にも利用可能

自家発電によって作られる電力は、新型プリウスPHVの走行以外にも役立てることができます。

引用:https://toyota.jp/priusphv/performance/charge/

パワーコネクターを使うことによって、家庭で普段使用しているのと同じ規格の100Vコンセントとして利用できます。

レジャーやキャンプなどでは、コンセントを使って作業したい時は多いかと思いますが、そのような時には大いに役立ちそうですね。

同時に利用できる電力は、家庭と同じ1500Wまでとなっており、加熱調理をするための家電なども問題なく利用可能です。

キャンプなどを楽しむ場面以外にも、突然発生する災害や、停電の際にもこの外部への給電は役に立ちます。

電力の供給が一切ストップした状態でも、新型プリウスPHVにあらかじめ電力が太陽光から蓄えられていると、すぐに利用することができるからです。

緊急時の電源にも様変わりする新型プリウスPHVは、いざという時に役立つツールにもなりそうです。

新型プリウスPHVの関連記事

 

プリウス 新型 PHV【急速充電や自家発電】して走るって何? まとめ

新型プリウスPHVの、急速充電のシステムや自家発電について、ここまで見てきました。

急速充電は、ごく短時間で8割程度のパワーまで回復させることができる優れた充電方法であり、外出先での利用が主立っているようです。

パワーが走行途中に枯渇するか不安になるオーナーもいるかもしれませんが、外出先ですぐに充電できることは、新型プリウスPHVの売りになります。

また、自家発電のシステムは、自動車ではなかなか実現させることができなかった機能であり、最先端の技術の結晶と言えます。

太陽光で作った電力を、新型プリウスPHVの走行時に役立てることが可能なほか、電源が必要な時に電力を充当することもできます。

災害や停電の対策についても、最近は関心が強まっていますが、新型プリウスPHVを役立てる機会として挙げられています。

突然電気がストップする事態に陥ったとしても、電源になる新型プリウスPHVは、非常に大事な存在になると思います。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です