新型プリウス【口コミ・乗り心地は?】オーナーの評価や評判は?

口コミ




新型プリウスに対する、オーナーからの乗り心地についての評価や評判・体験者の経験に基づく情報は気になるところですね。

実際に新型プリウスに乗る人からは、どのような口コミや評価が寄せられているのか、この記事では詳しく見ていきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

スポンサーリンク

車内での静かさは良い評価が集中

新型プリウスの車内空間については、静かさに対して評価が集中しています。

静かに過ごすことのできる車内空間が確立されており、乗る人、運転する人がどちらも快適さを実感しているようです。

① 車内の静粛性や遮音性がしっかり確保

車内空間の静粛性、遮音性の確保されている点は、大きなメリットであると評価されています。

乗り心地についての口コミでも、静かさや外の音が適度にカットされる点が嬉しいところとして挙げられ、プラスに捉えられています。

 

引用:https://toyota.jp/prius/interior/top/

 

停止中、走行中いずれも、この特徴を体感できることが多いので、新型プリウスのオーナーやその家族から好意的な印象が持たれています。

車内でも外部の音が伝わりうるさくなると、どうしても不快になりがちです。

ですが、新型プリウスでは、そういった心配をする必要がなさそうですね。

② 運転中も騒音は気にならないことが多い

運転する人にとっても、騒音はあまり気にならないという意見が多く、良い評価が多くなっています。

快適に運転することができ、同乗者との会話を楽しんだり、音楽やラジオを聴いたりといった時にも、騒音が邪魔しないと実感されています。

走行中の音は、うるさくなりやすいとされていますが、新型プリウスではエンジン音などを含めてノイズになる音が小さめです。

オーナーによっては、少し運転中の音が気になるという場合もありますが、大方のオーナーは気にせず走行しています。

助手席や後部席に乗る人と同じく、静粛さや遮音性を実感しながら運転できるのは、大きな魅力になるのではないでしょうか。

③ 空調利用中の音もさほど気にならない

乗り心地に影響する面として、空調を利用中の音を気にする人もいるでしょう。

新型プリウスの場合には、エアコンを使用している時も、騒音と感じるほどの音は出ないので、その点がデメリットになることは考えにくいようです。

強風を出している時や、温度を大幅に上げ下げしたりする時にはある程度空調の音が気になることもあるかもしれません。

しかし、普通に空調をオンにしている場合には、車内で騒音が気になることは少なく、乗り心地にも影響が出ることはまずないと考えて良さそうです。

 

快適さがある座席・シートの座り心地

座席、シートの座り心地の面でも、オーナーたちから好評価が寄せられています。

新型プリウスに乗る時には、このシートの座り心地はとても大切な部分であり、良いレビューが集まる点はアドバンテージになりますよね。

① シートの柔らかさが丁度良い

座り心地で一番多い口コミは、シートの柔らかさが丁度良いというものでした。

 

引用:https://toyota.jp/prius/interior/comfort/?padid=ag341.jpinterior_comfort_01

 

硬すぎず、柔らかすぎないシートは、長時間乗り続けても体に負担が掛かりにくいです。

そのため、新型プリウスの乗り心地が良いと評価される要因にも挙げられており、重要な意見であると言えそうですね。

快適に車内でいるためには、どうしてもシートの質感や硬さはチェックする必要があります。

多くの人が丁度良いと感じるシートの柔らかさであると感じており、問題なさそうです。

② 沈み込みすぎない座り心地

シートによっては、座った時に沈み込みすぎて安定しないと感じることもあるようです。

しかし、新型プリウスについては、沈み込みすぎないようにシートが設計されているため、快適な状態で乗ることが可能です。

形状に加えて、シートに少しボリュームのある特徴が存在することも関わっているのではないでしょうか。

シートの柔らかさがベストであることにも絡んできますが、乗る人の多くが快適に感じる座り心地を、この特徴が演出しています。

適度なシートの座り心地は、座った時の姿勢を安定させることにも関わり、大事な要素として注目するべきですね。

③ どんな人でも快適に乗車できる

小さな子供から、体格が比較的大きめの大人まで、誰でも快適に座れる点も新型プリウスのメリットとされています。

乗る人によっては、体格に差があるものの、その違いに関係なくどんな人でも快適に座った姿勢を維持することが可能です。

長距離のドライブでも、シートに座った状態が辛いと感じたり、体に負担を強いたりすることも、心配する必要がないと言えるでしょう。

また、お年寄りにとっても適度なシートの質感と実感され、乗り続けても苦にならないと口コミに挙げられています。

体格、年齢に関係なく、乗車時にマイナスな感覚になりにくい点は、座り心地が良いと感じられるポイントになりそうです。

 




走行中の乗り心地は滑らか

走行中の乗り心地については、口コミでは滑らかとする内容が多くなっています。

移動している最中も乗り心地が快適とする意見が目立っているため、その点も見ていきましょう。

 

① タイヤと路面が吸い付く走り心地

新型プリウスの走行中の乗り心地としては、タイヤと路面が吸い付きながら走っているという意見が目立っています。

この走り心地は、走行中に快適に感じられる大きな要素であるとされているため、新型プリウスが好評を得る理由に挙げられています。

低速、高速の両方で同様の乗り心地が期待できる上、加減速時もタイヤが路面に滑らかに当たっています。

そのため、速度が変わる時に極端に車体が動いたり、跳ねたりすることも気にしなくても良いと思います。

② 悪路を走行中の乗り心地も問題なし

デコボコした道や轍のできた雪道なども、新型プリウスで走る人は多いのかもしれません。

こういった悪路では、なるべく安定して走ることができ、舗装された道と同様に走れることがベストとされています。

新型プリウスで悪路を走った経験のある人からは、このような道でもストレスなく乗り続けられていると口コミで寄せられています。

タイヤが取られやすいところでも、車内にいる人はそれほど不快に感じることなく走行できているようです。

特に、電気式4WDのE-fourが搭載されたグレードは、悪路での走行でも好評を得ています。

もちろん、悪路走破を前提とした車種ではないですが、ちょっとしたデコボコ道や雪道でも、新型プリウスがきっと活躍してくれるでしょう。

③ 走行シーンを選ばない快適な乗り心地

市街地、悪路と正反対の場面でも、新型プリウスは滑らかな走り心地を期待できそうです。

オールマイティーに快適な座り心地や乗り心地を得られることは、車を選ぶときにはアドバンテージになることでしょう。

常に速度を一定にする運転ではなく、急な速度変更や方向転換も時にはあるかと思います。

そんな場面でも、乗る人が極端に不快に感じず、乗車時の感覚でストレスを感じる傾向は少ないと評価されています。

 

 

引用:https://toyota.jp/prius/interior/usability/

新型プリウス関連記事

 




プリウス 新型【口コミ・乗り心地】オーナーの評価や評判 まとめ

新型プリウスの乗り心地に関する口コミについて、いくつかの観点からチェックしてきました。

基本的には音に関する部分が、乗り心地を左右すると考えられていますが、その点では快適さが勝っているとの評価が目立っています。

走行中、停車中を含め、様々なシーンで音がうるさい時になることはほとんどなく、遮音性にも長けているようです。

座席のシートについても、ほとんどの人が快適と感じる座り心地に設計されているようで、新型プリウスの車内がプラスに評価されることに絡んでいます。

シートの質感が座る人にマッチしており、悪路でもストレスに感じることは少ないと評価されています。

日常的に新型プリウスに乗る人は、この点も重要なポイントになるかと思います。

走行中の挙動も、安定した乗り心地が持続されており、良いレビューが集まる要素になっています。

舗装された場所はもちろんのこと、悪路など走行環境が良くないところでも、ガクガクするなどの問題は起きにくいようです。

総合的に見て、新型プリウスの乗り心地については、好意的な口コミが目立っており、快適に乗れることにも期待が持てそうですね。

(執筆=車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です