新型プリウス【燃費】旧型30系との比較はどお?買い替えは?


スポンサーリンク

近年ハイブリットカーの電池とモーターの性能が飛躍的に進化したことで、自動車の燃費性能は急激に向上している。

新型プリウスは2017年度総合部門で日本トップに選ばれた。全ての面で旧型30系プリウスを超えた

この記事では、新型プリウスの燃費を旧型30系プリウスと徹底比較してみたいと思います。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓

新型プリウスと旧型30系プリウスの燃費比較

https://secure.prcm.jp/sign-in

 

旧型30系プリウスは、「ECO MODE」と「PER MODE」場面によって使い分ける為に装備されている。「ECO MODE」の特徴は、アクセルの開度に対して加速が緩やかになり、エアコンの効きがセーブされ燃費向上に繋がる。

そして「PER MODE」の特徴は,アクセルの開度に対して加速が鋭く、エンジンが止まるまでの時間が長いのでアクセルを普通に踏めば、加速が早くなり乗り方によって燃費向上ができる車になっている。走行モードを上手に使い分け運転するユーザーが多い。

旧型30系プリウスの燃費性能は、10・15モード燃費で35.5~38.0km/L当時のカタログに載っている。10.15モードは燃費測定方法のひとつで現在は廃止され、新型プリウスのカタログに書いてあるJC08モードだ。

旧型30系プリウスの燃費をJC08モード燃費に置き換えると、30.4~32.6km/Lとなる。この数字を見ただけで燃費性能が良いことが分かるが、新型プリウスはこの数字を上回った。

新型プリウスは、グレードによって40.8km/L37.0km/Lの燃費がでている。これまでプラグインハイブリットモデルに限られていた、高速域でのモータアシストが実現された。

高速道路で100km/h前後で走行していた場合でも、平地や下り坂などで負荷が少なった場合もエンジンが停止してモーターでの走行が可能になり、モーター活かして低燃費でのドライブが可能になった。

新型プリウスは旧型30系プリウスよりもさらに改良され、自分のペースで手軽に向上させることが可能だ。

今回の新型プリウスで初めて4WDも登場した。4WDと聞いたら誰もが燃費が悪いと思ってしまうが燃費が驚異的の35km/Lを達成している。

「E-FOUR」の方式が採用されておりプロペラシャフトがなく重量・静寂性・燃費とも優れているのが特徴だ。雪道走行をこなすように改善され、常に4WDで動くわけではなく車が雪道やコーナリングなどで不安を感知したときだけ切り替わる。

一年中あまり燃費に差がないのはとても魅力的だ。

 


スポンサーリンク

新型プリウス燃費向上させる工夫

 

https://secure.prcm.jp/sign-in

「エアコンをつけても燃費が悪化しない」

今までは冬場などエアコンを暖房にしてつけると、外気の空気を取り込んでいたが、新型プリウスは一部を内気循環にして、熱が逃げにくい仕様に変更された。

これにより暖機運転の時間が短くなり燃費向上に繋がっている。更に、暖機状態に合わせてシャッターを自動閉鎖するグリルシャッターが採用されている。冷却が不要なシーンではシャッターを閉じ空気の流れを積極的に床下に導くことで、床下の整流効果を向上させた。

エンジンルームに風を導き入れる際に生じる、通気抵抗を減らすことで空気抵抗の低減を図ることができ、エンジンの暖機補足も行うことができた。

「新エアロダイナミクス」

究極の空力フォルムをめざしてボディの形を改良。ルーフ頂点が前に移動しリヤがなだらかになった。各ボディーパーツも空力性能を高める形状に工夫されている。

ドアミラーやルーフアンテナも空力性能を両立したデザインだ。ボディ底部の空気の流れも重要視され、エンジンアンダーカバーとフロアアンダーカバーの範囲25%拡大した上、カバーに存在する穴を極力少なくすることで、床下の整流効果を大幅に向上させている。

また、床下に流した風がタイヤやサスペンションに当たりにくくするために、タイヤ前にはスパッツを設置した。

フューエルタンクサイドアンダーカバーを設けリヤサスペンションへの風を避けることで空気抵抗の増加を御製した。風の流れをコントロールする様々な知恵が、細部にわたって宿されている。

「ボディ剛性60%アップ」

ボディ剛性が大幅に向上したことによって抜群のシャシー性能が可能になった。重心が低くなれば、加速・減速で前後に車体が傾くピッチングや、カーブで横に傾くロールといった動きそのものが小さくなる。

従来の車はアンダーステア気味にセットアップされており、コーナリング中の路面変化や加速・減速中に車体の挙動が乱れることが目立っていた。

新型プリウスは、剛性が高くなったことで、走りの質が改善された。新採用のダブルウィッシュボーンリヤサスペンションを組み合わせ、走る楽しさや快適性を向上させた。

自ら燃費向上できる方法もある。燃費向上効果のある低燃費タイヤだ。低燃費タイヤにも様々なグレードがあるので、用途によって選ぶことができる。タイヤの転がり性能が高く燃費を向上させるのは間違いないだろう。


スポンサーリンク

新型プリウス 買い替えはおススメ?

 

https://www.photo-ac.com

 

「ガソリン代が節約」

新型プリウスは、30系プリウスと比べてガソリンタンクの容量が少なくなった

30系プリウスのガソリンタンク容量は45Lだが、新型プリウスは2.0~7.0L程少なくなっている。タンクの容量が小さくなればなるほど、車体重量が軽くなり燃費が良くなる。

タンクの容量が小さくなるとガソリンスタンドに行く回数が増えると思われがちだが、燃費が良くなったので給油回数はそれほど変わらない。

「航続可能距離は」

新型プリウスの中で特に燃費が良いEグレードの航続可能距離

40.8km/L×38Lタンク=1550航続可能距離

Eグレードの航続可能距離は、1.500kmオーバーだ。距離にすると東京から九州最南端の鹿児島県・佐多岬とほぼ同等の距離だ。

東京から鹿児島・佐多岬まで無給油でいくことが可能の新型プリウス。

走り方や路面の状況にもよるが、無給油で1.000km以上走行ができるのは魅力的だ。

長時間座っていたらどうしても腰が痛くなり悩まされたりするが、シートのデザインも骨格から見直され新設計になった。

「静寂性も一級品」

新型プリウスはトヨタがくるまづくりの構造改革ち表現するトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーに基づいて一新基本骨格だ。

ドアを閉めた時に聞こえる低い音で良く分かる。ボディー剛性が大幅に高められ、高級車の証しとされる車内の気密性の高さを示している。穴を開けた吸音材を採用して共鳴効果で騒音を抑え、重量面でのメリットも生み出す努力をした。

ダッシュボードを覆い囲むように遮音・吸音材を配置され、フロアは現行車の57%から92%まで遮音材などの比率をあげた。

ドア下部にある水抜き穴に特殊なふたをし、外部からの音を通しにくい工夫がされている。

「運転がしやすい」

新型プリウスは運転のしやすさもドライビングフィールも旧型30系プリウスよりも圧倒的に良くなている。

フルモデルチェンジをした新型プリウスを一度試乗してみれば一目瞭然だ。大幅に良くなったのはアクセルペダルのフィーリングや加速力だ。

アクセルペダルを踏み込んでいくと、右足の動きに遅れず加速でき良い意味でハイブリットらしくない感覚で運転をすることができる。

ペダルの踏み込み量に比例して加速していくので、運転していてスピードの調整・コントロールが格段にしやすくなった。

ブレーキは旧型30系プリウスのユーザーの誰もが経験のある「カックンブレーキ」不満を持っている人が大勢いた。このカックンブレーキ人を乗せて走る時かなり神経をつかったのではないだろうか。

今回ブレーキがかなり改良され、ブレーキペダルを踏んだ時の感じがガソリン車並みに改善された。

新型プリウスに乗っているユーザーからも高評価が出ている。

新型プリウス関連記事

 

新型プリウス【燃費】旧型30系との比較はどお?買い替えは? まとめ

燃費面では、もはやライバルとなる車が存在しない数字を実現している。グレードによってはどうしても金額に差が出てしまうが新古車である程度車が販売されているのも事実。

けっして安く買えない方法が無いわけではないのでこの機会に一度検討されてみてはいかがだろうか。
(コピーライター:M,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です