新型プリウス【内装パーツ】後付できるタイプも豊富!

プリウス 新型 内装

新型プリウスの内装は、後付けできるものも多く揃えられています。

標準の内装でも十分に問題ないと感じる人は多いかもしれませんが、後付けのカスタム用のパーツを上手く合わせると、更に内装のグレードアップを図ることもできるんです。

実際にどういった後付けのパーツがあるのかを、チェックしておきたいところですよね。

豊富に存在するパーツについて、詳しく見ていきたいと思います。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

一番触れる機会のあるハンドル回りのパーツは充実

インテリアの中でも、一番オーナーの触れる機会が多いのは、ハンドルです。

ハンドル回りを後付けのパーツでカスタマイズして、自分の思いのままの雰囲気にしてみたい…という人もいるかもしれませんね。

ハンドル用のパーツに、どんなものがあるのか調べてみましょう。

①質感高いレザーステアリング

▶ケースペックオンライン

革の質感高いステアリングは、後付けパーツではぜひ取り付けてみたいものとして挙げられています。

グリップ感が適度に取れ、安定して運転できる姿勢を作ることにも役立ちます。

デザインも落ち着いたものとなっており、ガチャガチャした雰囲気や車内空間があまり好きでない人も、装着して問題ない仕上がりです。

ステアリング全体が革の仕様となり、長時間の運転でも快適に感じられるのではないでしょうか。

触り心地、デザインの両方で、高く評価できるステアリングであり、プリウスに取り付けることがオススメされています。

②カーボン調で新型プリウス用に設計されたカバー

▶プリウス50系 プリウスPHV ZVW52 ステアリングカバー カーボン調 1P 内装ドレスアップパーツ

新型プリウスのハンドルに合わせて設計された、カーボン調のステアリングカバーも評価の良いものとなっています。

ハンドルの形状とフィットし、触り心地にも難がないため、どんなカバーを選べばよいか迷っているという人にもオススメされるでしょう。

基本的に新型プリウス用のものとして作られ、カバーが合致しないという心配もありません。

初めてハンドルにカバーを設置してみたいと考える人も、専用設計というキーワードをもとにステアリングカバーを探してみるとベストかもしれません。




ドリンクホルダー

▶ドリンクホルダー

 

インテリアでは必要と感じられる例が多くなりつつある、ドリンクホルダーも、後付けで取り替えることが可能です。

デザイン性の優れたドリンクホルダーが、現在では新型プリウスの専用に設計されている場合が多くなり、必要に応じてアレンジできます。

車内の雰囲気をどう変えたいかにより、色が選べることも期待できるので、好みのタイプのホルダーを設置すると良いかもしれません。

500mlのペットボトルも難なく収納できるものが主流となっており、気軽に飲み物を置いておくのに役立つかと思います。

スポンサーリンク

スムーズな操作をアシストするシフトノブ


▶新型プリウス50系カスタムパーツ シフトエクステンダー銀(SILVER) 

シフトノブの操作が、新型プリウスではなかなかスムーズに行かないと感じる人もいるかもしれません。

そんな人には、シフトノブのパーツを、後付けで取り替えるという選択肢もオススメされるのではないでしょうか。

シフトノブは、比較的簡単に交換のできるパーツとして知られています。

新型プリウスも同じ特色があり、交換することでシフト操作をスムーズにできる状態が作られます。

一番多い要望として、ノブの長さがもう少し欲しいという意見が目立っています。

そういった希望やニーズについても、ノブを変えることで長さを伸ばすことができ、目的が果たせるかと思います。

シフトチェンジは頻繁に行う動作のひとつです。

そのため、シフトノブを交換して快適に運転できるベースを食ってみても良いのではないでしょうか。




ルームミラーへの装備で視界を快適に

ルームミラーやその周りに後付けできるパーツも、複数存在するとされています。

ミラーに直接取り付け、視界を快適にできるものもあるため、チェックしてみると良いかもしれません。

①視認性と見た目の両方を変えるブルーレンズ

▶プリウス 50系 新型 プリウス ルームミラー ブルーレンズ  内装 カスタム パーツ

ルームミラーに取り付けるためのブルーレンズは、ミラーの視認性をアップさせるというメリットがまずは出てきます。

太陽の光や対向車のライトなど、目に刺激の強い光を適度に調節してくれるため、運転が快適になる時間が長くなると評価されています。

昼も夜も、強い光がルームミラー越しに見えてくることは十分に考えられるため、こういった利点が出てくることは嬉しいですよね。

視認性だけではなく、車内のドレスアップという役割も、ブルーレンズは担っています。

車内空間の雰囲気がシンプルであると感じる人にとっては、ブルーライトを取り付けることによって、それがアクセントになるかもしれないからです。

ミラーの色が変化し、新型プリウスのインテリアが変化することが期待できそうです。

②豊富な種類があるミラーカバー

ルームミラーにはめることのできるミラーカバーも、最近では種類が非常に充実しています。

車の外から見たときの印象に違いが出るため、おしゃれに見えると印象付けられるかもしれません。

カバーのデザインや形状は非常に充実し、好みのものを取り付けられることが期待できるかと思います。

また、既に設置されているルームミラーにはめ込む際の方法も簡単なものが大半で、初めてカバーを買って装備したいと考える人にも安心ですね。

価格帯も安いものから高いものまで揃っており、希望する予算での購入も難しくないと感じられるのではないでしょうか。

車内に敷くことの欠かせないマット類

車内には、いくつかのマットを設置することも欠かせません。

後付けで装備として、自分の好みのマットを設置することも非常に簡単であり、車内空間の整備にも役立ちそうですね。

①バリエーション多様なフロアマット

新型プリウスの車内に設置できるフロアマットは、種類が非常に豊富であるとされています。

シンプルなデザインから、凝った特徴のあるデザインまで幅広く用意されており、車内の足元のオシャレを楽しめるとも言えそうです。

お気に入りのフロアマットを敷くと、運転も楽しくなりそうですよね。

その点からも、いろいろな柄や形状のあるフロアのマットが、新型プリウス用に販売されている点は魅力的と考えられます。

 

 プリウス(50系) 立体 フロアマット [カーペットタイプ]

 

 

▶プリウス50系 フロアマット&ラゲッジマット セカンドステージ アクセサリーパーツ

②荷物を汚さないためのラゲッジマット

 

▶LANBO 3Dラゲッジマット トヨタ プリウス 50系

ラゲッジマットも、後から追加できるアイテムとして人気を集めています。

新型プリウスのトランクルームにフィットするマットも、現在は多くのところで取り扱われており、形が合わないなどの心配もあまりないと言えそうです。

丁度良い硬さのマットがメインとなり、荷物を汚さないことや、傷めないことにも期待できます。

シンプルなデザインのものが人気を集めているものの、ポップなデザインのものや特徴的なデザインのラゲッジマットも出てきつつあります。

トランクの内部を華やかにしたい人にも、ラゲッジマットの設置がオススメされると思います。

こだわりに合わせて選べるシートカバー

シートカバーは、車を買ってすぐに取り付けたいパーツとして挙げられることも多いようです。

新型プリウス対応のシートカバーは、多数存在するものとなってきているため、自分が好きな色やデザインのカバーを購入できる状態となっています。

日常的に新型プリウスを利用する人は、特にシートの柄にこだわりを持つことも多いでしょう。

革が基調のデザインや、カラフルなデザインのものも販売されており、後付けで内装のドレスアップを目的に利用できそうです。

販売される値段なども考慮に入れ、納得してシートカバーを購入する検討を進める人も、新型プリウスのオーナーの中では増えています。

新型プリウス関連記事

 

プリウス 新型【内装パーツ】後付できるタイプも豊富 まとめ

新型プリウスの内装パーツは、後付けできるものが非常に豊富であることが分かりました。

購入した当初の装備品と交換して、自分なりに内装をカスタマイズしてみたいと考える人には、充実したパーツがある点は朗報になりそうですね。

中には、新型プリウス用の専用設計パーツもあり、その種類も現在進行形で増えています。

今後も後付けできるタイプのパーツは、数が多くなることへの期待が持たれています。

複数のパーツを組み合わせて、思い通りの内装を実現させてみてはいかがでしょうか。

 

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です