新型プリウス【口コミ・燃費は?】カタログ燃費と実燃費の相違とオーナーの声

プリウス

スポンサーリンク

プリウス新型に乗る人から寄せられる最新の口コミには、好意的な内容のものが多く見受けられています。

大きな売りである燃費面については、乗る人の多くから非常に高い水準の数値が示されている点が口コミとして集まり、プリウスのメリットが強いものであることが示されています。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓

新型プリウスのカタログ燃費と実際の燃費の違いは?

プリウス

現在の新型プリウスは4代目となっており、2015年12月に発売されました。

その後、新型プリウスPHV(プラグインハイブリット車)が2017年に発売されています。

そんな新型プリウス・ハイブリッドの燃費について説明します。(新型PHVは除く)

現在の新型プリウスの燃費は40.9km/lとなっています。

ただしこの数値はカタログ数値です。実燃費は下がります。

私(筆者 Mr.k)も、プリウスを利用しているのですが、私の車では、実燃費は25km/lぐらいです。

この数値をみるとカタログとは随分、違うので驚く方も多いと思います。

カタログ燃費は40km/lなのにその半分しか走りません。

ですが多くの車の実燃費はカタログ値の60~80%となると言われています。

特に停車、急発進が多い市街地などでは実燃費はカタログ値の60%に、高速道路などでは80%位になると言われています。

私の場合、特に急停車、急発進が多いので低めになっています。エコ発進を心がければ30前後になると予想されます。

ちなみに、グレードでも燃費が違います

新型プリウス Aプレミアム, A, S
カタログ値:37.2km/l
実燃費:22.3~29.7km/l

新型プリウス E-Four(4WD)
カタログ値:34.0km/l
実燃費:20.4~27.2km/l

新型プリウス E
カタログ値:40.8km/l
実燃費:24.4~32.6km/l

私の新型プリウスは Aグレードになります。


スポンサーリンク

新型プリウスの燃費について詳しい方に取材してきました。

トヨタプリウス新型はカタログでの燃費としては40.8Km/Lであり燃費ランキングではトップであります。次の順位がトヨタアクア38.0Km/Lなどプリウスは燃費が良いというのが解りますが実際の実燃費はどうなんでしょうか。

実際はトヨタのカタログに書かれている燃費の60~70%が実際の燃費になり、トヨタがハイブリッド車として代表的な車の燃費達成率はプリウス旧型63~67%・プリウス@72%・アクア64%とトヨタのハイブリッド車の燃費達成率は悪いです。ハイブリッド車の燃費達成率の悪さは世間でもかなりたたかれております。

ですので新型は燃費達成率は70%以上を確保してくると予想されますので、カタログ燃費で40Km/Lなので、その70%とすると約28Km/Lが新型プリウスの実燃費だと想定できます。

カタログ値の40Km/Lというのは燃費スペシャル仕様グレードEだけですので。

一般向けグレードはカタログ値では37Km/Lです。

実燃費でいくと約26Km/Lと想定できます。

実際はe燃費やみんなからの燃費記録で調べると26.78Km/Lで燃費達成率は72%で、70%を超えています。新型プリウスは冬に燃費を向上させる工夫がされています。

ハイブリッド車は冬になるとエンジンが冷えているのを温める為にエアコンなどヒーターを使って温めるのですが、今までエアコンの外気から空気を取り込んでいましたが、内気循環で1部取り込み熱が逃げていくのを防いでくれる仕様に変更されています。

あと新型にはグリル部分のシャッターが冬になると自動で閉じる為冷たい空気によってエンジンが冷えるのを防ぐ事により燃費向上に期待できる工夫がされています。


スポンサーリンク

新型プリウスオーナー【口コミ】実燃費は1500ccのキューブよりも圧倒的に良い

ここからは、新型プリウスのオーナーに実際の燃費状況についての口コミ。

私が乗っているプリウスは2017年式で購入して約一年ほど乗っています。

以前は2011年式のニッサン※キューブに乗っていましたが、その時のキューブの燃費は平均14〜15km/lほど走りました。

ニッサン

ニッサンキューブは1500cc トヨタ新型プリウスは1800cc

CVTだったし自分ではかなりいい方だと思っていましたが新型プリウスに乗り出して燃費の圧倒的な違いに驚かされました。

CVTとは? 変速システムに歯車を使わず、ギアチェンジのないスムーズで滑らかな変速を行う無段変速システム。燃費性能のさらなる向上と、レスポンスのいい走行性能を実現。

私の乗り方は平日は片道20kmほどの通勤で一般道オンリー、休日の日は高速道路を利用して遠出するときがしばしばあるような感じです。

新型プリウスは、平均して25km/lくらいとキューブに乗っていた頃より10km/lも燃費が良くなりました。

高速道路をよく利用した時には27〜28km/lとさらに良くなり悪い時でも22km/lとこれまで一度も20km/lを下回ったことはありません。

これだけの高い燃費性能で走りに関しても全く不満がありません。

走り出しもとてもスムーズで下からじわじわと加速していく感じなので扱いやすくエコ運転がしやすく感じます。

追い越しなどで加速するときもしっかり加速してくれ安心感もあります。

燃費よし!加速よし文句のつけようがないので新型プリウスを採点するとすれば100点満点意外に採点の仕様がないほど完璧な一台です。

新型プリウスの口コミ・実燃費をオーナーボイスから抜粋してみた

男性(会社経営者/58歳) 神奈川県
2018年購入
プリウス S
2WD F/F / シルバーメタリック

購入後1週間弱の短時間での実績でコメントには時期尚早だが、ほぼ満足いく燃費

 

男性(自営業/46歳) 石川県
2018年購入
プリウス 特別仕様車 S“Safety Plus・Two Tone”
E-Four / アティチュードブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン

試乗されることをお勧めします。コストパフォーマンス抜群。世界トップレベルです。

 

男性(会社員/56歳) 北海道
2017年購入
プリウス 特別仕様車 S“Safety Plus”
E-Four / ホワイトパールクリスタルシャイン

E-Fourですが20系プリウスより燃費がいいのには驚きました

E-Fourの出来は素晴らしと思います 雑誌等ではよくあるスタンバイ式の4駆と一緒にされてますがプリウスのE-Fourの出始めは必ず4輪にトルクがかかるようになってます

この制御は燃費に悪い等、評論家が言ってる記事を見ましたが多分その人は本当の雪道を走ったことがないんだと思います 滑ってから4駆になるのと始めから4駆なのでは全然違います

スケートリンクのようなミラーバーンの道路を走りましたが何の不安もなく走行できました各メーカーからハイブリッド車が出てますが寒冷地でハイブリッド車に乗るなら今現在においてはプリウスが最高だと思います

ハイブリッド車はヒーターの効きがあまり良くありませんが電動シャッターグリルなんかをさりげなく装備してる車なんてトヨタだけではないでしょうか

 

男性(公務員/47歳) 長野県
2017年購入
プリウス A“ツーリングセレクション”
2WD F/F / スティールブロンドメタリック

燃費は期待通りです。システムスペックの数値(122ps)以上に走るな、と実感してます。加速が良いですね。ECOモードでも、街乗りならストレスを感じません。プリウスを購入するきっかけになったのは、やはり燃費です。

乗り出しが11月、寒冷地に住んでいるので暖機運転は必須ですが、それでも23km/l越えなので、満足というより、感動してます。気候が暖かくなったら、もっと燃費が伸びるのでしょうね…。楽しみです。あと、思ったより走りがよく、加速がよいのも気に入っています。ECOモードでも、街乗りであれば必要十分の走りです。

 

男性(会社員/54歳) 神奈川県
2017年購入
プリウス Aプレミアム
E-Four / ホワイトパールクリスタルシャイン

安全性能や燃費などは他社より良いと思う。無難な選択としては良い。

 

男性(その他/61歳) 福岡県
プリウス A“ツーリングセレクション”
2WD F/F / グレーメタリック

一般道でリッター24~31

福岡県より東京都杉並区まで、35リッタ-でいきました。平均燃費が37.5でした。
追尾走行ができるので、高速運転は大変楽です。

新型プリウスのカタログ燃費実現のための様々な先進技術がある

新型プリウスに実際に運転してみると省エネ・エコ運転のための

様々な工夫がみられます。

運転してゲーム感覚で燃費を抑えることができる。

私が一番、恩恵をうけているのがハイブリッドシステムインジケーターというモニター画面です。

ゲーム感覚のハイブリッドシステムインジケーター

エコ

運転していて、常にこの画面を表示できるようにしているのですが、左にある緑のEVマークが点灯したり、しなかったり、走行すると青いバーが出現して伸びたり縮んだりします。

それがガソリンで走行しているのか?

電気で走行しているのか?

エンジンブレーキやブレーキで充電したのかが、目視してわかるのです。

ドライバーはEVを点灯させることに面白さを見つける。

また、右の 80/100 は、80点のエコ運転してるという意味で90点以上は、なかなか出ません。

電気で走らせればガソリンを消費しないので、私はいつの間にか新型プリウスを運転して、EV走行させることに生きがいを感じたりしています。(笑)

右の青い太い棒グラフは、電気が溜まったり、消費したりがわかります。

そう、あなたの運転の仕方でガソリンの消費を抑えて実燃費を減らしてリッターで走る距離を伸ばすことができるのが新型プリウスの凄いところです。

パワーモードの画面

パワーモードで乱暴に加速してや減速を繰り返したり、高速道路で120キロくらいの速度で走れば新型プリウスは、スポーツカー並に快適に走ります。

私はまだ、パワーモードを使ったことがありません。ノーマルモードでも加速は十分ですし、実はエコモード日常は足りてしまいます。

出力を切り替えて、燃費を気にしない方はパワーモードで、ガンガン走れて、燃費を重視している方は。エコモードで実燃費を極力抑えてゲーム感覚で運転できるのです。

もうひとつ、燃費を抑える仕組みで凄いのがエアコンのシステムです。

エコモードのエアコンが凄い!

 

運転席優先と全席空調を自動でやってくれます

 

運転席にしか人がいないときは、運転席側だけに、エアコンの風があたり、同乗者がいるときは、車内全域にエアコン風が行き渡るように自動で動いてくれます。

このエアコンだけでも実燃費を抑えることができるシステムですね。

【新型プリウス】トヨタの本社新入社員から燃費について意見を聞かれた

私が新型プリウスを購入した名古屋トヨペットのO店にて来店記念でオリエンタルカレーとスプーンが先着順でもらえるので用もないのに顔だして、頂戴してきました。

名古屋トヨペットでは、たびたび何かもらえます。

カレー

最後の1点だったみたいで感激です。そこにいたのが普段、みたことのない若手社員。新入社員だと思っていたら本社のトヨタから研修できているとのこと。

「お客様のナマの声を聴かせてください」

私は以前から感じていた燃費のことを話しました。カタログに掲載されている燃費と実際に走る燃費が大きく違うこと。

高速道路で100キロまで出さなければリッター30キロ近い数値で走ることができること。

実際に片道320キロを一日で往復(640キロ・ほぼ高速で中央道)しても満タンだったガソリンは半分も減らなかったこと。

ですが、自分は市街地。街乗りばかりでチョコチョコ乗る程度。そうするとリッター15キロくらいまで落ちる。それでも20リットルで1ヶ月半くらいガソリンを入れなくてもいいこと。

これらの燃費は実際の燃費としてカタログに表記してほしい。

  1. どうやったら効率よく運転できるのか?
  2. 高速道路では、何キロで抑えて運転したら一番、燃費がいいのか?
  3. 街乗りではさすがの新型プリウスでもどこまで燃費が落ちてるのか?

正直に書いて欲しい。

リッター40キロを達成するにはどんな運転の仕方をすればいいのか?

新型プリウス関連記事

新型プリウスのカタログ燃費と実際の燃費の違い【まとめ】

新型プリウスは30km/Lの水準が平均的に出てくると考えられており、口コミでもこの水準を突破し、非常にエコな走りを体感できていると実感する人が多くなっています。

このような口コミが最新のもので多く寄せられることに関しては、新型プリウスが高い性能を有していることを裏付けると言えるでしょう。

(コピーライティング:Mr.k)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です