新型プリウスのカタログ燃費と実燃費の違いはどお?

新型プリウス 燃費

新型プリウスを購入する際には、燃費の面をチェックする人は多いのではないでしょうか。

カタログで掲載される燃費は、ほとんどの人が見る部分として挙げられています。

また、実燃費はどの程度なのかは、調べておきたいという人も、きっと多いはずです。

この記事では、新型プリウスのカタログ燃費と実燃費の違いに焦点を当てて、チェックしていきます。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




新型プリウスの燃費 カタログ上の燃費はどうなの?

新型プリウスのカタログで示される燃費は、どの程度の水準でしょうか。

詳しくチェックしていきましょう。

各グレード共に30km/L台中盤の数値

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

新型プリウスのカタログ上の燃費は、いずれのグレードでも30km/L台を超える基準です。

グレードごとに確認してみると、Eグレード以外の全グレードが、34.0~37.2km/Lでした。

・2WD仕様 … 34.0km/L

・E-Four(4WD)仕様 … 37.2km/L

駆動形式によって、燃費の数値が異なるという部分が、大半のグレードで当てはまることが分かります。

最も少ない数値でも、30km/Lの大台を突破しており、ハイブリッドカーの中でもトップクラスにあたる水準です。

やはり、新型プリウスを購入する人の多くは燃費を気にすると思うので、かなり優れた数値と言えます。

また、Eグレードは、2WDのみの設定であり、カタログ上では39.0km/Lとなっています。

40kmの大台に迫る、驚異的な数値であるため、その点に注目する購入希望者もちらほら存在します。

全てのグレードにおいて、新型プリウスのカタログ上の数値では、かなり優れた燃費であることが特徴として挙げられます。

グレードによる違いは最小限であることが特徴

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

車種によっては、燃費がグレードによってすべて異なることも考えられます。

しかし、新型プリウスに関しては、Eグレードとそれ以外のグレードで数値が異なるという特徴が挙げられます。

つまり、グレードごとの燃費の差が、極端に細かくはないということですね。

基本的には34~37km/Lの燃費がカタログでは示されており、Eのグレードのみ39km/L台であると把握しておけば問題ないでしょう。

また、同じグレードでも燃費に差があるという点も、駆動形式による違いであることが明確です。

実際に新型プリウスの購入を予定している人は、このような燃費の特徴を抑えておくことで、非常にシンプルなグレード選択が可能になるのではないでしょうか。

 

10年乗ったプリウスはいくら?
↓↓↓↓↓↓

新型プリウスの燃費 実燃費はどうなの?

では、新型プリウスで実際に走行したときの燃費は、どの程度になるのでしょうか。

カタログ燃費との違いがあるかどうか見ておきたいところですね。

走行するシーンごとに、新型プリウスの実燃費を見ていきましょう。

市街地走行ではおよそ23~25km/L

最も新型プリウスでの走行が見込まれる、市街地での走行時には、23~25km/L程度が平均的な実燃費となります。

実際に走行してみると、頻繁に加減速や停車、発進などの操作を行うので、20km/L台中盤程度と考えるのがベターです。

寒さや暑さなどの外の環境も影響する要素としては大きく、オーナーによっては20~22km/Lに留まってしまうという評価も出ています。

市街地走行で30km/Lに迫る実燃費を出す人もいるので、結構幅が大きくなってしまうのも特徴です。

様々な要因によって左右されるものの、全体的な市街地走行での平均の実燃費は、23~25km/Lと抑えておくと良いでしょう。

加速や減速が比較的少なくなると、より安定して良い実燃費が出てくるとも考えられるので、運転時に参考にすると良いですね。

高速道路での走行時は26~27km/L

新型プリウスで、高速道路を走行するというケースもしばしばあると考えられます。

高速での走行時には、大体26~27km/L程度が平均の実燃費としてレビューが挙がっています。

やはり、市街地で走行する場合に比べると、走行速度が安定するので、燃費の面でも若干プラスに働くことが明らかですね。

20km/L台後半が基本的な実燃費になりますが、30km/L近い数値を出すオーナーも中には見受けられます。

普通の道路を走行する状況とは、走行スピードが全く異なるほか、加減速もそれほど頻繁には行われません。

なので、こういった高い水準の燃費性能が持続することにも繋がっています。

元々どの車種でも、高速では燃費は若干優れる傾向にあると考えられます。

新型プリウスについても、この特徴が該当する可能性は高いと言えますね。

寒冷地や雪道では20km/L前後を記録

寒冷地や雪道など、通常とは少し違った状況での実燃費も見てみましょう。

新型プリウスで、こういったシーンを走行すると、20km/L前後の実燃費になることが多いです。

やはり、エアコンを使う時間が増加することが大きく絡んでいると考えられます。

冬以外のシーズンに比べても、どうしても新型プリウスの実燃費は低くなりがちですが、他の車種よりも極端に下がるということはありません。

その点は、やはり新型プリウスの持ち味と言えるのではないでしょうか。

走行状況によっては、20km/Lを下回る燃費に留まる場合もあります。

ですが、それでもハイブリッドカーとして、優れた燃費の水準が維持されるので、新型プリウスの特徴的なところとして、評価できますね。

新型プリウスの燃費 カタログ値と実燃費の差はどう?

新型プリウスの、カタログ燃費と実燃費について、それぞれチェックしました。

どの程度の違いが出ているのでしょうか。

その点について、比較しながら詳しく見ていきましょう。

カタログ値に対する実燃費の数値の割合は5~7割ほど

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

新型プリウスのカタログ燃費(34.0~39.0km/L)に対し、実燃費がどの位の割合になるかを見てみましょう。

・市街地(23~25km/L):約59~74%

・高速(26~27km/L):約67~79%

・寒冷地・雪道(20km/L):約51~59%

計算してみると、5~7割程度の数値になることが分かります。

最も良い数値は、高速道路の走行時でした(2WDで27km/Lが出たと想定したとき)。

カタログ値の約79%の燃費が実際に記録されることもあり、かなり良い水準と評価できます。

一般的には実燃費がカタログ燃費の6割前後のことが多いので、この数値は良いと考えられます。

走行する頻度の多い市街地でも、概ね6~7割と、まずまずの数値が出ています。

寒冷地に関しては、やはり元々の燃費が下がって出る傾向があるので、実燃費がカタログの5割がラインになります。

各走行シーンによって、こういった実燃費とカタログ燃費のギャップにも、差の出ていることが分かりますね。

走行状況やドライバーの工夫次第で数値は変わる

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

新型プリウスの実燃費は、カタログに比べて6割ほどが一番多いというのが分かりました。

走行状況や環境によっては、この数値が更に変動することも考えられ、より細かいギャップの変化も出てくるでしょう。

また、ドライバーの工夫次第で、燃費の向上が期待できるとも考えられています。

一番大事な点としては、優しい運転を心がけることが挙げられます。

頻繁に速度を変えたり、横暴な運転をしたりすると、自然と燃費が悪くなりがちです。

加速、減速をあまり急に行わず、穏やかに進めるだけでも、燃費の数値に良い変化が出てきます。

こういったドライバーの運転時の意識や工夫は、燃費の数値に微々たる変化しか与えないかもしれません。

しかし、その積み重ねで新型プリウスの燃費が、良い水準で維持できる習慣が身に付くことも期待できます。

普段から、優しい運転を心がけて、燃費をより良くすることにも意識を向けてみることがオススメですね。




新型プリウスの実燃費はカタログ値との違いは小さめ

新型プリウスの、実燃費に関する内容をここまで見てきました。

走る環境によって、カタログ値と実燃費の差にも違いの出てくることも特徴ですね。

実燃費は、カタログで出た燃費に比べると、約5~7割程度であることが分かりました。

標準的には、このギャップは6割程度とされているため、極端に違いがあるわけではないです。

また、市街地や高速道路では、カタログの7割以上の数値の出る可能性もあり、非常に優れた燃費性能であることも魅力的です。

選択する新型プリウスのグレードや、走る際の状況、ドライバーの心掛けなどでは、非常に良い数値の出ることも考えられるので、その点も要チェックといったところです。

車の情報追跡者:佐藤ヒロシ

キャッチ引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です