新型プリウス【口コミ・デザインは?】評判?人気がないって本当?

新型プリウス

スポンサーリンク

新型プリウスは評価を調べると、悪い評価が圧倒的に多いです。
どうしてもその部分に気がとられ悪い印象が勝ってしまいます。
この記事では、新型プリウスの真実やどのように変わったのかを詳しく見ていき、特徴などをチェックしていきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓

新型プリウスは評判が悪い?本当だろうか?

https://www.ac-illust.com

近年発表する新型車は奇抜なデザインが多い。
新型プリウスもその中の一つで、特徴はヘッドライトとテールライトの形が今までにないような変わった形をしている。3代目プリウスまでの丸みを帯びた印象が一変し、全体的にカクカクしたスポーティーなデザインになった。

新型プリウスのデザインの評価は賛否両論となり、最新の機能や燃費には魅力を感じるが、デザインを毛嫌いして離れてしまったプリウスユーザーもいる。あまり良くない評判が目に付くが、実際高評価の評判も多い。

先進的なデザインの場合は最初に見た時は、受け入れ難い感覚を憶えることが多い傾向がある。先代の3代目プリウスも発表時同じくデザインの評価が悪く賛否両論となっている。ですが実際発売されてからは記録的な売り上げを記録した。

写真では違和感が強く感じるが実物を見ると意外と違和感がなくカッコイイと高評価に変わる人が多くでた。

新型プリウスは写真と実際に見た時の印象が異なる車で、自分の目で見てみるとかなり印象が違うので1度ご自身の目で見てみることをおススメする。


スポンサーリンク

新型プリウスは何が変わった?検証してみた

プリウス

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Toyota_Prius_4th_gen_SAO_2016_9133.jpg

 

フルモデルチェンジをした新型プリウスは、今までにはない新駆動システムを使い空気の流れをスムーズにするボディ形状を採用している。床下のフラット化とボディを軽くする事で低燃費を追及して開発され低重心ボディを実現。

重心を下げることで安定性が増し、ふらつきを抑えてくれるほか、快適なドライブ技術を追求することで乗り心地もアップさせた。更にルーフピークを170mmも前方に移動させ、これにより空気抵抗を軽減し燃費を従来の38.0km/Ⅼから40.8km/Lを達成し圧倒的な低燃費を実現している。

実際の街乗り予想は30km代前半の燃費が多く、遠出の家族旅行や仕事に使う場合はかなり威力が発揮できそうだ。ガソリンが乱高下している現状で、これまで普通のガソリン車に乗っている家庭は、家計への圧迫が軽減されガソリンを安く抑えることできそうだ。

新型プリウスは、事故防止の為に「toyota safety sense衝突回避支援パッケージ」が一部のグレードには搭載された。今後標準装備になっていくだろうシステムの内容は、全部で13種類あるが今回のラインナップは、ミリ波レーダー単眼カメラを併用した検知センサーそれに基づく総合的な制御により、車だけではなく、歩行者の認識も可能になり事故の回避や衝突被害の軽減が期待さる。

ミリ波レーダーは、検知できる距離が長くある程度速度が出ている状況でも対応でき、単眼カメラは、物体の形や大きさが認識でき、白線や対向車のランプだけでなく走行者も認識できる認識能力と信頼性の高いシステムだ。

ミリ波レーダー単眼カメラで、前方の車両や歩行者の検出を行い衝突回避または被害軽減で自動ブレーキが作動する。

車速に応じた車間距離を保ちながら走行を支援し、高速道路の渋滞走行時や停止・発信を繰り返すシーンでドライバーの運転負荷を大幅に軽減せれるだろう。

自動ブレーキが作動するにはある程度の条件が必要になっているので、サポート技術を体験してもいいかもしれない。

単眼カメラは、前方の車や走行者以外にも道路上の白線を認識し、ドライバーがウィンカー操作を行わずに車線を変更してしまったらブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせしてくれるので事故の主の原因を大きくカバーしてくれるに期待できそうだ。

新型プリウスの搭載バッテリーは2種類に分かれている。駆動用電池がリチウムイオン電池ニッケル水素電池だ。プリウス初の4WD仕様がラインナップされ、これにはニッケル水素電池しか搭載されていない。ニッケル水素電池は低温特性が良く電池が熱くなりにくく安定する。

冬場はどうしても燃費が落ちてしまう。スタッドレスタイヤの組み合わせなどで改善され冬場でも燃費向上が可能になりそうだ。

 


スポンサーリンク

新型プリウスのユーザーの口コミ・評判をチェック

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Toyota_Prius_2016_(1).jpg

新型プリウスを実際に乗ってみないと分からない事が多いので購入者の評判を集計をした。

エクステリアやインテリア、エンジン性能や走行性は高評価。特に燃費性能については高評価の意見が多くみられました。

車の燃費を向上するのでタイヤを交換して転がり抵抗を低くしたり、サスペンションなどの足回りも硬めにセッティングすればエネルギーのログが少なくなり燃費がよくなる。それにより燃費が上がっていくが乗り心地が悪くなってしまう。

●新型プリウスは、基本骨格を見直し、低重心ボディになったことで安定性をが増しふらつきを抑えてくれるほか、快適なドライビングポジションを追求されることで乗り心地も良いとの評判が多い。公共のタクシーやレンタカーでも多く使われ高い性能が評価されている。

・運転の仕方は、やはり少し操作方法が違う部分があり慣れるのに時間がかかると内容が多い。

プリウスを初めて運転する時に、戸惑ってしまう独特のシフトレバー操作。パーキングスイッチがシフトレバーで操作するのではなく、フットブレーキを踏みながらパーキングスイッチを押すだけの操作方法になる。スイッチのランプが緑色に点灯してお知らせしてくれる。

シフトレバーには、ホームポジションがある。ホームポジションとはいつもその位置にあるという意味だが、どのレンジにシフトノブを倒しても、手を離すと最初の位置に自分で戻る。そのためレバーの位置では、どのポジションに入っているか全く分からない。どこにポジションがいるかを確認するには速度計の横にあるインジケーターの表示を見て確認するしか方法がない。少し操作が違うだけで、車はとても気に入っているのに運転が大変という内容が減らない要因にもなっている。

・室内が充実している。ミドルサイズの5ドアハッチバックなので前後席ともにスペースに余裕があり、大きく開くリアゲートは荷物が積みやすくなっている。

しかし自転車やアウトドアに出かける際に必要な荷物類を積むニーズには適さない。その為ルーフボックスを後付けしているのを見かける事も多くなってきた。ルーフボックスは小さい種類や大きい種類もあり用途にあわせて選ぶことができる。巨大駐車場などに止めていても目立つので、すぐに見つけやすいなどメリットが沢山ある。

高評価の口コミの他に、評価の低いところももちろんある。特にプリウスの2代目から後方の視界が悪いといった内容だ。実際に運転席からのリアガラスを見ると死角が多いと感じてしまう。

新型プリウスは先代モデルと同様に車高が低くなっており、頭上空間に余裕がない。後部座席に3人座るとさらに悪くなる。後部座席に乗るのは子供か大人か等によって違うのでこちらも試乗して確認してみるのがおススメだ。

新型プリウスのデザインは個性のある最新モデル

https://deskgram.org/p/1352210990925829140_2525261276

欧米車などは、日本車に比べて各メーカーの個性が出ているものが多く欧米各国で「日本車は壊れにくく品質もいいけど、乗っていて面白みがない」と言われる理由がどれも似たようなのがボディが多い事が挙げられる。

プリウスとはラテン語で「先立って」という意味になるこれから自動車メーカー各社から「個性のあるデザイン」が増えていけば流行りになり馴染みあるデザインに変わりプリウスが高評価になるだろう。

最新モデルの車は「顔つきが鋭くきばつ」な印象にかわりつつある。スマートフォンが普及している現代世界に適応し、自動車運転やライドシェアリング、そして電気による駆動系などによって全てが変化しつつある。

新型プリウスはどの条件にも当てはまりそうだ。フロントマスクは、ランプより下方に飛び出していてターンシグナルが移設されランプ本体をオーソドックスな形状になった。サブウィンドウに沿って灯るLEDラインはワイド感を演出し、後続ドライバーの視線を左右に導いて釘付けにしそうだ。

室内のインパネのデザインも先代モデルと大きく変わり機能性も充実している。ボンネットの位置とフロントガラスの下端の位置も低くなり前方の見通しが良くなっている。

運転席の着席位置からワイパーが見えないように工夫もされているのでとてもスッキリになった。デザインだけでなく運転席からの見晴らし・視界がとても良くなった。

新型プリウス関連記事

新型プリウス【口コミ・デザインは?】まとめ

新型プリウスは、加速もブレーキもスムーズで使い方によっては燃費の向上も可能。元々の燃費も非常によく買って損はない車だ。

走るのが楽しく長時間乗っていても快適になるように、室内が改良され運転をサポートしてくれるシステムが搭載されている。男女問わず魅力ある車に変わり乗り換えても大満足するだろう。

初めてプリウスに乗る人ならば感動すらできる新型プリウスになったと思う。

ハイブリットーカーはどうしても、価格が高くなりがちだが必要なオプションのみ付け、各販売店でおこなっている独自の特典などを狙ってより良い条件で購入が可能なので一度調べてはいかがだろう?

(コピーライター:M,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です