プリウスα(アルファ)の購入は消費税10%になるとどれだけ違う

10月に控える、消費税の10%への増税によって、プリウスα(アルファ)を購入する人にはどんな変化がもたらされるのか、抑えておきたいところです。

価格がどのように変動するのかを知ることや、どのタイミングで注文すると良いのかは、プリウスα(アルファ)の購入を検討する人が知りたい部分であると言えそうです。

この記事では、10%に増税される消費税と、プリウスα(アルファ)の関連性について、詳しく見てきたいと思います。




プリウスの新車を検討中のあなた!下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

トヨタのディーラーでは30万円という下取り見積もりが買取業者ではまさかの、80万円になることも多々あります。

ネットで一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社による相見積もりを実行

あなたの車の買取価格を競争で見積して、一番高く下取り査定をしてくれるところを見つけます。

買取業者に競争させることで結果的に値段が吊り上り、予想以上の高値で買い取ってくれます。
その下取り価格をトヨタのディーラーに持っていって、下取り価格の交渉してもいいですし、実際に一番高く見積もりしたところで買い取ってもらうのが賢い選択です。

こちらから、下取り価格を相見積りできます。




プリウスα(アルファ)の購入は消費税10%後の価格に変化はあるの?

まずは、プリウスα(アルファ)の消費増税後の価格変化に関して、各グレードに分けてチェックしていきましょう。

プリウスα(アルファ)の増税前後の価格変化をチェック

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

増税される前と後での変化を、詳しく見ていきましょう。

・G ツーリングセレクション

(5人乗り) … 325.9万円 → 332.0万円 (約6.1万円増)

(7人乗り) … 346.6万円 → 353.0万円 (約6.4万円増)

・G

(5人乗り) … 305.4万円 → 311.1万円 (約5.7万円増)

(7人乗り) … 325.9万円 → 332.0万円 (約6.1万円増)

・S ツーリングセレクション

(5人乗り) … 301.8万円 → 307.3万円 (約5.5万円増)

(7人乗り) … 322.3万円 → 328.2万円 (約5.9万円増)

・S

(5人乗り) … 270.9万円 → 275.9万円 (約5.0万円増)

(7人乗り) … 291.5万円 → 296.9万円 (約5.4万円増)

・S Lセレクション

(5人乗り) … 256.5万円 → 261.3万円 (約4.7万円増)

・S ツーリングセレクション GR SPORT

(5人乗り) … 335.1万円 → 341.3万円 (約6.2万円増)

(7人乗り) … 355.6万円 → 362.2万円 (約6.6万円増)

原則として、プリウスα(アルファ)の車両価格に変更はありません。

そのため、増税される消費税分の金額増加が変更点として挙げられるでしょう。

税抜きでの価格に変化がないことから、適用される税率に関して考えるだけで良いので、特に複雑な変化がないと考えられますね。

増税に伴い5万円から6万円は変動アリ

プリウスα(アルファ)の車両価格は、平均的に見ると5~6万円程度のアップになります。

グレードによって価格が異なるので、その価格に応じて金額のアップ幅にも違いがあります。

最も安いS Lセレクションは250万円台ですが、値上げ幅は5万円に届かず、およそ4.7万円です。

その一方で、カスタム仕様のGR SPORTは、5人乗りも7人乗りも6万円以上の値上げ幅となります。

車両本体が340万円前後となり、最安のグレードよりも100万円近くの差があるからです。

このようにして、グレードごとに値上げの幅には違いがあり、事前にチェックしておくと良いかもしれませんね。

 

10年乗ったプリウスはいくら?
↓↓↓↓↓↓

プリウスα(アルファ)は消費税10%に増税後購入はどうなる?

プリウスα(アルファ)を消費税10%へ変更された後に購入すると、どういった変化が起こるのでしょうか。

この消費増税をきっかけとして、プリウスα(アルファ)の値段そのものが上がることはありません。

つまり、消費税の上がった分だけ、購入するときに支払う金額がプラスされていくという形になります。

各グレードでどの程度の価格の変化があるのかは、先ほどの項目でチェックしました。

およそ5~6万円は、増税の前後で値段が変化するので、注意が必要になります。

プリウスα(アルファ)の購入を考える人たちの中には、このような増税分の変化を大きいと感じる人もいるでしょう。

そういった点も含めると、なるべく増税の実施される前の段階で注文することが、プリウスα(アルファ)に関してはベストな選択肢として挙げられますね。

プリウスα(アルファ)が消費税10%導入で維持費や燃費の違いはどお?

増税を迎えてから、プリウスα(アルファ)を購入すると、維持費・燃費に変動があるのでしょうか。

その点について、詳しく見ていきます。

維持費の面で下がる項目もアリ

プリウスα(アルファ)の維持費の中には、引き下げられるものがあります。

それは自動車税であり、現在の39,500円から、36,000円への引き下げが適用されます。

10月に入ってからの納車分から適用され、3,500円の維持費の減少が実現されます。

他の維持費に関しては、元々プリウスα(アルファ)の性能が優れており、非課税や優遇される部分が多く、引き下げられる部分は極めて限定的です。

増税によって、プリウスα(アルファ)を購入する時の価格は5~6万円アップしますが、こういった維持費の減少も見込まれます。

消費増税分を完全に補うものではありませんが、負担をちょっとでも軽減させることができるのではないでしょうか。

燃費性能には変動はない

引用:https://toyota.jp/priusalpha/gallery/

増税によって、プリウスαの燃費性能が変化することは、現時点ではありません。

燃費性能は、プリウスα(アルファ)の性能アップによって実現されることから、消費税の関連する部分ではないからです。

燃費だけではなく、車の性能は全体的に変わることがなく、消費税が増税されるかどうかは影響しないと言えるでしょう。

改良やマイナーチェンジを受けるまでは、この状況が保たれるので、その点は抑えておくと良さそうですね。




プリウスα(アルファ)の購入は消費税10%前の下取りや買い取りは年内までに急げ!

プリウスα(アルファ)を購入する時の現有車の下取りについては、新車購入と同時に検討する人も多いでしょう。

買取を行う業者では、消費税の増税タイミングに合わせて買取金額を高く設定する動きも見受けられると考えられています。

特に、9月の後半から10月の初頭にかけては、増税前の駆け込み需要も相まって買取の金額は高くなりやすいです。

最初のピークはこの時期にあたるのではないでしょうか。

また、プリウスα(アルファ)を増税後に購入し、下取りに出してもまだ下取り金額は高く維持されると予測されています。

ある程度の期間は持続すると考えられ、年内いっぱいはこうした下取りの金額の引き上げが期待されています。

少しずつ下取りの金額設定も標準時に戻っていくと考えられるので、プリウスα(アルファ)購入後の下取りは年内をめどに検討することがオススメですね。

プリウスα(アルファ)消費税10%に上る前の注文がお得になるタイミングとは?

プリウスα(アルファ)の注文タイミングで、お得になる可能性のあるところはいつなのでしょうか。

いくつかのポイントを見ながら、チェックしていきましょう。

9月末までの納車で増税前の金額が適用

プリウスα(アルファ)を購入する時にチェックしておきたいところは、いつまで納車すれば増税前の金額が適用されるかです。

基本的には9月30日の納車分までが、増税前の金額の適用される境目になります。

つまり、9月末までの納車に間に合うよう、プリウスα(アルファ)の購入を検討することがオススメされます。

現段階では、1か月程度でプリウスα(アルファ)の納車が実現される地域が多いです。

つまり、なるべく早めに納車を決めると、増税前にプリウスα(アルファ)を手にすることができ、更には増税前の金額で購入できる可能性も出てきます。

増税前に納車が間に合わなくても値引きの期待できる可能性も

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

これから納車に向けて注文を行っても、増税後になってしまうというケースも考えられます。

しかし、プリウスα(アルファ)を販売するディーラーによっては、増税分の実質的な値引きに踏み切ることも想定されています。

10月以降も、1~2か月間は増税分の金額を上乗せせず、これまでと同じ金額でプリウスα(アルファ)の購入できるチャンスが持続することが予想されています。

今すぐに購入することが難しいという人にも、もう数か月は増税前と同等の金額でプリウスα(アルファ)の注文できる機会が維持されるのではないでしょうか。

エリアによっては、年内いっぱいこのような動向が続くことも見込まれます。

消費税増税で値段が全体でアップするプリウスα(アルファ)

プリウスα(アルファ)の消費税増税に関連した動向について、ここまでチェックしてきました。

増税される前に比べると、平均で5~6万円ほどの値上がりが実現されるので、増税前に購入することがオススメされています。

納車時期を考慮すると、なるべく早く購入することが望ましいと考えられますが、値引きで対応するディーラーの出てくることも考えられます。

そのため、増税後に納車されても、値引きで増税の影響が小さくなることも十分に期待できるのではないでしょうか。

もちろん増税前にプリウスα(アルファ)を納車できると、一番お得感が強くなると言えるでしょう。

しかし、増税後にプリウスα(アルファ)を納車しても、しばらくの間は増税前とほとんど同じ金額で購入できることも見込まれます。

この値引き対応が縮小される前に購入を進めることが、プリウスα(アルファ)に関しては得策ですね。

(車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

キャッチ引用:https://toyota.jp/priusalpha/gallery/




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です