プリウスα新型【7人乗り 】居住性や燃費の口コミは?

スライドドア
スポンサーリンク

 

新型プリウスαは、居住性や燃費などで、実際のオーナーからどんな口コミが寄せられているのでしょうか。

また、将来的にモデルチェンジの控える新型プリウスαは、そろそろニューモデルが登場するかどうかも気になるところですね。

そんな新型プリウスαの評判や、今後もモデルチェンジの可能性について、この記事では詳しく見ていきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓

新型プリウスαの居住性の口コミはどうなの?

新型プリウスαの室内空間の居住性については、どのような口コミや評判が寄せられているのでしょうか。

実際に寄せられた口コミから、具体的な内容を探っていきたいと思います。

 

①5人乗り・7人乗り共にゆったりスペースが売り

引用:https://toyota.jp/priusalpha/interior/seat/

新型プリウスαには、5人乗りと7人乗りの両タイプが設定されています。

どちらのシート設定でも、ゆったりとしたスペースが売りとなっており、口コミでも好評を得ています。

前列2人、中列3人、そして7人乗りは更に後列2人が乗車できるよう設計されており、どのシートにも窮屈さを感じずに乗ることができるようです。

新型プリウスαは、大人数で乗ることが前提になるケースも考えられるので、どちらの乗車定員でもゆったり乗れる点は、嬉しいポイントになりますよね。

②シートは座り心地の良い点が評価

引用:https://toyota.jp/priusalpha/interior/seat/

居住性を図るうえで大事になるシートについては、座り心地の良さが口コミでは良い評価を多く集めているようです。

ファブリックや合成皮革が使われている新型プリウスαの座席は、快適に座り続けることのできる魅力があります。

質感が良く、長時間移動する時にも体に負担の掛かりにくい部分が、評価の決め手になっていると言えそうですね。

どの座席でも同じような特徴があり、シートに座って体が痛くなることなどを心配する必要も、ほとんどないと考えられるかと思います。

居住性や車内の室内空間がどうなのか判断するうえでは、外せない部分としてシートの特徴が挙げられそうです。

③走行中も静かさが維持され魅力的

肝心の走行中の居住性はと言うと、静粛性を強く実感できる点が魅力的であるとされています。

乗る人にとっては、エンジン音などがうるさいと感じられず静かさが確保されるので、いつも新型プリウスαに快適に乗れると評価されています。

運転する人も、乗る人も静かさを強く実感でき、加速した時、停止する時なども快適に感じられるでしょう。

車内で静かに過ごせることを重視する人たちには、こういったポイントは外せないものになりそうですね。

④シートアレンジも多彩で居住性アップに貢献

新型プリウスαの特徴的な所としては、シートアレンジが多彩であることも挙げられます。

特に、一番後ろのシートについては、簡単に倒せることが魅力的であり、居住性をぐっと高めています。

普通に座るだけではなく、シートを倒して仮眠がとれたり、荷物を置いたりすることができるので、いろいろな居住性のアップの可能性が期待できます。

シートアレンジが簡単にできることは、比較的乗車人数の多めの車では、一般的なものとなっていますが、新型プリウスαも同じ特徴が表れています。

家族や友人で乗り合わせた時に、シートアレンジを自在に行えることが、居住性を高めて楽しい車内での時間を過ごすことにも繋がると思います。

スポンサーリンク

新型プリウスαの燃費は実際どうなの?

新型プリウスαで気になるところと言えば、実際の燃費がどのくらいになるかではないでしょうか。

カタログで掲載されている燃費と、オーナーによる口コミで紹介される燃費の違いなども、関心がある人はいるかと思います。

そのような実際の燃費についての面を、ここからは見ていきたいと思います。

①公表されている燃費は26.2km/L

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

 

新型プリウスαの燃費は、カタログで公表される数値は26.2km/Lとなっています。

これは、他の同じステーションワゴンと比べても、トップクラスの水準であり、燃費性能に長けている部分が分かると思います。

低燃費のワゴン車は種類が少ないとされているため、新型プリウスαはそのジャンルを開拓していると言えるでしょう。

②実燃費は概ね18~19km/L台

実際のプリウスαに乗るオーナーたちから寄せられる口コミでは、18~19km/Lの燃費であるというものが目立っています。

10km/L台後半の水準を下回ることがなく、通常の走行時には極端に燃費が悪くなることはないようです。

空調を使用している際や、悪路を走行する場合などは、この数値とは変わってくるのも考えられますが、実際に算出される燃費としては良いと言えそうですね。

走りと共に、燃費の良さも求めている人たちには、新型プリウスαの燃費水準は評価できる部分として挙げられるのではないでしょうか。

③実燃費で20km/L超えというレビューも

実燃費で20km/Lを超える数値を出している新型プリウスαのオーナーも、中にはいるようです。

普段から加減速を滑らかに行うことを意識したり、空調を使う時に弱めに設定したりするなど、ちょっとした心掛けで20km/Lの大台を突破しているという意見が出ています。

走り方次第で燃費の数値は細かく変動することが一般的であることから、このような点に気を付けるとより良い燃費が期待できそうですね。

平均的な実燃費、そして走り方に気を付けて出る可能性がある実燃費の水準は、両方ともステーションワゴンの車としては満足できるレベルです。

そのため、新型プリウスαの走行性能が良いと評価されることに関わっていると考えられますね。

スポンサーリンク

新型プリウスαのモデルチェンジは間近なのか?

新型プリウスαのモデルチェンジは、いよいよ間近になっているのでしょうか。

最近になって、次期型の情報が出てきつつあるので、気になる人も多いかと思います。

モデルチェンジの可能性や、次期型がどんなものになるのかなど、見ていきたいと思います。

①現行型が出てからは7年が経過

新型プリウスαの現行型は、2011年5月に登場し、既に7年が経過しています。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%CE%B1

一般的なモデルチェンジのサイクルで考えれば、今後次期型に移行する可能性は十分に考えられるかと思います。

新型が登場し、約3年を経た2014年11月にマイナーチェンジを受けており、いよいよ次期モデルに移行するのかという予測も立てられています。

②次期モデルが出るのは2018年末が有力か

新型プリウスαの次期型へのモデルチェンジは、2018年末前後が有力視されているようです。

現行型が出てから7年が経過することに加え、新型プリウスとのモデルのリンクを強めることも、このタイミングで実現されるのではないでしょうか。

今年の年末が最も有力視されているものの、2018年秋から2019年初頭の時期は、新型プリウスαのモデルチェンジの次期として、可能性が高いとされています。

いずれにしても、いよいよ新しいモデルがお目見えすることが期待できそうですね。

③次期型はSUVタイプに様変わりか

気になる次期モデルは、これまでのステーションワゴンから、SUVタイプに様変わりするかもしれないという見込みも立っています。

引用:https://iketel.xyz/prius-a-modelchange

こちらはスパイショットになりますが、フロントは現行の新型プリウスを思わせるイメージ、そして全体的に今までとは違ったボディラインになっています。

新型プリウスαと言えば、車高が低いワゴン車としての印象が根強かったものの、次期型移行をきっかけに、その印象も大きく変わるかもしれません。

新型プリウスのSUV仕様としての再出発を図ることが、強く期待できると思います。

プリウスα 関連記事

プリウスα【7人乗り 】居住性や燃費の口コミは? まとめ

ここまで新型プリウスαの口コミやモデルチェンジについて、詳しく見てきました。

車内の居住性については、ゆとりあるスペースや静かさが特に受けており、ハイブリッド車としての価値も高いと評価されています。

また、シートアレンジも柔軟に行えるので、大人数で乗った際やレジャーに出かける際などにも、うまく使えそうですよね。

そういった点は、他の車に比べても魅力的で口コミでも良い内容として目立っていました。

燃費もステーションワゴンとしてはトップクラスを誇り、実燃費で20km/Lに迫る水準であることが分かりました。

燃費が利点となる同タイプのモデルはなかなかないとされているため、新型プリウスαが好評を得る要因となっています。

そんな新型プリウスαは、発売から7年が経過し、今年中にはモデルチェンジが控えているとの予測も起こりつつあります。

これまでとは違ったSUVに様変わりし、新しいユーザー層を切り開くことも、新型プリウスαには今後期待されるのではないでしょうか。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は

今すぐ
↓↓↓↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です