プリウスα・アルファ【車中泊は?】グッズやベッド?改造も?




新型プリウスαで、車中泊をやりたいと思うオーナーは多いかもしれませんね。

実際に車中泊をするとなった時には、どのようなアイテムを使えば快適に過ごせるかは、始めに知っておきたいところです。

また、自力で車内を改造することも、新型プリウスαでは実践することができるのでしょうか。

その点も含め、新型プリウスαでの車中泊を楽しくするための方法について、見ていきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

スポンサーリンク

プリウスα・アルファ【車中泊は?】マットやカーテンで快適度は高まる?

新型プリウスαで車中泊をする時には、マットやカーテンなどは必須であると考える人が多いかと思います。

どのようなマットやカーテンが、役に立つのでしょうか。

ここで詳しく見ていきましょう。

①自力で膨らむエアーマットはスペース要らずで便利

山甚物産 自動で膨らむバルブ式 エアーマット ウレタン入りエアマット厚手60mm (sb)
 

新型プリウスでの車中泊に適したマットには、エアーマットがまずは挙げられそうです。

エアーマットでありつつも、空気を入れる道具がいらないので、マットをたたんだ状態で収納するのみでスペース要らずです。

バルブを回すのみで自動で空気が入り、マットが膨らむ仕組みになっています。

初めて車中泊をやる人や、スペースを取らずに寝る時だけマットを使いたい人などには、このタイプのマットはオススメですね。

厚みは6cm程あり、しっかりとした寝心地を確保できることも、嬉しいポイントになりますよね。

収納のしやすさと寝心地が両立されているため、新型プリウスαでの車中泊がグッと快適なものになるかと思います。

②専用設計のマットも車中泊を快適に

多目的フロアマット プリウスα ZVW40/41用


新型プリウスαの専用に設計されたマットも、車中泊用に取り入れることができます。

後部座席やラゲッジスペースの形状に合わせて設置できることが最大のメリットであり、安心して購入することができるかと思います。

車中泊の時に利用しやすいことや、快適に車内で眠れることを後押ししてくれるでしょう。

材質もEVAと呼ばれるクッションの材質が利用され、寝ている際に体が痛くなることもほとんどないとされています。

寝心地を快適にして、車中泊での快適さを高めることに、新型プリウスαの専用設計のマットはしっかりと貢献してくれるのではないでしょうか。

③新型プリウスαに設置可能なカーテンも充実

Levolva 40系41系プリウスα専用サイドカーテンセット

新型プリウスαに取り付けることの可能なカーテンも、種類が充実し始めています。

車中泊をする上では、カーテンを取り付けてプライバシーを守ることは欠かせません。

このカーテンの場合は、黒くしっかりと車外から内部が見えないようにしてれくるため、プライバシー保護という効果を発揮しています。

新型プリウスαの形状に合わせて、カーテンの開け閉めが簡単にできたり、窓の形状にマッチしたりしているので、安心して利用できるかと思います。

気になる取り付け方ですが、カーテンレールやエンドキャップなどが装備され、それを固定することで簡単に使用することが可能になります。

カーテンの開閉はマジックテープなので、子供やお年寄りでも開閉はスムーズにできそうですよね。

新型プリウスαの車体の形状に合わせての設計が行われていることも、取り付ける際にはメリットとして挙げられるでしょう。

④保温・保冷といった機能的なカーテンもあり

新型プリウスαに対応した、機能的なカーテンも最近では人気のようです。

車中泊する季節によっては、夜に冷え込みが強まったり、熱帯夜で気温がなかなか下がらなかったりということも考えられます。

そんなシーンも考えてカーテンを選びたい人向けに、保温、保冷の機能のあるカーテンがオススメされています。

カーテン本来の光を遮りプライバシーの保護が期待できることにプラスして、車内の温度が極端に上下しないようにすることのできる面は、機能性として評価されるでしょう。

こういった温度調整に効果を発揮するカーテンをあらかじめ用意しておけば、新型プリウスαで車中泊する季節を選ばなくなり、快適に実践できるのではないでしょうか。

プリウスα・アルファ【車中泊は?】車内の隙間を埋めるアイテムはある?

新型プリウスαで車中泊をする時に、後ろのシートとラゲッジスペースの間に隙間が出てしまうことが気になるという人もいるかもしれません。

この隙間を効果的に埋められる、ラゲッジフラットブロックというアイテムが現在は売られています。

Levolva 41系プリウスα(5人乗り)専用ラゲッジフラットブロック

このブロックを車中泊の時にラゲッジスペースと後部のシートの間に設置すると、広いスペースがフラットな状態になります。

そのため、寝る時も段差を気にすることがなくなり、非常に快適に車中泊ができるかと思います。

マットを敷いても、段差がなくフラットな状態になり、体を痛めるなどの心配もないと言えるでしょう。

新型プリウスαの車中泊をより快適なものにしたい場合などは、このフラットブロックを使うのも手ですね。




プリウスα・アルファ【車中泊は?】オススメされる便利グッズとは?

新型プリウスαでの車中泊の時に使える、便利グッズにはどんなものがあるのでしょうか。

実際に便利で車中泊の時に是非オススメしたいアイテムについて、ここからは見ていきたいと思います。

①日差しを遮るためのサンシェード


【純正部品】トヨタ プリウスαサンシェード純正品

 

車中泊は夜だけに限らず、キャンプなどをする場合は日中も車を使う機会のあることが一般的です。

そんな時には、新型プリウスαのフロント部分に、サンシェードを置くようにすると車内の温度が高くなりにくくなり、快適な環境が作れそうです。

普段から夏場などに暑さをしのぐためにサンシェードを使う人も多いと思います。

車中泊をする予定がある場合には、普段と同じように日中はサンシェードを置いて日差しを遮ることが望ましいです。

日差しだけではなく、紫外線のカット効果のあるものも、新型プリウスα用のものでは多くなっています。

何日間か車中泊をしようとしている人などは、特にこういったグッズをそろえておくと、利便性が高くなるかもしれませんね。

②USB接続が可能なポート

OBD OBD2 USB 急速充電ポート

 

スマートフォンの充電は、車中泊では避けては通れない問題として挙げられますね。

このUSB用のポートは、運転席周辺にあるOBD端子に接続するだけで、簡単に利用することが可能なアイテムです。

USBポートは接続すると、車のエンジンを切った状態でも使用することができるため、睡眠中にスマホを充電しておける便利さが売りです。

ポートは2口装備されているため、同時に2台のスマホの充電も簡単に行えます。

消費される電力も0.02Aに留まり、バッテリーに対しての負担が掛かることもありません。

新型プリウスαにも、問題なく設置できる仕様となっていることから、車中泊の時には使う価値がありそうです。




プリウスα・アルファ【車中泊は?】自作で改造することもできるの?

新型プリウスαは、自作で改造して車内空間を快適にする人もいるようです。

一番多い自力での改造の事例は、実際に車内で寝る際の空間を整える目的であるとされています。

後ろのシートをフルフラットにして、ラゲッジスペースと合わせて寝るための空間を取る時、段差が出てしまうのを防止するための改造です。

木材や板を購入して、後部シートとラゲッジスペースにできる段差、隙間分の厚みをカバーすることで、マットや布団などを敷いた時にも問題なく眠れる仕様になります。

新型プリウスαで車中泊をする際のアレンジとしては、本格的な部類に入ってきそうですね。

自作で空間を改造して、車中泊仕様にすることで、新型プリウスαの車中泊は非常に快適なものになるでしょう。

プリウスα 関連記事

プリウスα・アルファ【車中泊は?】グッズやベッド?改造も? まとめ

新型プリウスαで車中泊をする時には、色々なグッズを使って環境を整えたり、自作で改造したりすることが有効なことが分かりました。

新型プリウスαの専用設計のカーテンやマットが用意されているほか、車中泊を快適にするためのアイテムも最近は充実する傾向にあります。

そういったアイテムを使いながら、新型プリウスαの車中泊を快適にするための環境を整えるのが、最適な準備と言えそうです。

また、後部シートと荷室の段差や隙間を、自作で板を使って埋めることも、快適さをアップさせる可能性を引き出します。

自力での改造については、本格的な作業になるものの、新型プリウスαの車中泊で十分に休養が取れるきっかけとなるのではないでしょうか。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です