プリウス新型の外観や内装はどお?

プリウス新型の、外観や内装はどのような感じであるか、購入前に抑えておきたいところですね。

また、マイナーチェンジを受けたことによって、変化した部分はどこなのかも、要チェックといったところです。

この記事では、プリウス新型のエクステリアとインテリアについて、詳しくチェックしていきます。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




プリウス新型の外観はどうなの?

プリウス新型の外観に関しては、どのような特徴が存在するのでしょうか。

改良の前後での変化なども交えながら、詳しくチェックしてみましょう。

フロント部分は変更が目立つも個性の強さはキープ

引用:https://toyota.jp/prius/

改良を受けたしプリウス新型は、その特徴的なフロント部分のコンセプトが若干変更されています。

それまでは、非常に立体的でヘッドランプも縦に伸びるような形状でしたが、改良型モデルではスッキリした印象にアレンジされています。

このように、顔とも称されるフロント部分が変更されたことで、プリウス新型の癖の強さがマイルドになったと評価されることも多くなっています。

好みの分かれやすい意匠だったため、プリウス新型の評価が二分される要因ともなっていましたが、その状況も変化するのではないでしょうか。

マイナーチェンジの目玉のひとつともなるフロントの変更ですが、プリウス新型の個性の強さ自体はそのままキープされる印象が強いですね。

印象的な形状やシルエットにはほとんど変わりがないので、一目でプリウス新型であると認知できる傾向に変化はないと言えます。

リヤ部分は改良によってデザインの進化した印象

引用:https://toyota.jp/prius/

フロント部分は抑えめに変更が加えられていますが、リヤ部分はデザイン自体が進化を遂げた印象を抱きます。

テールランプがプリウス新型の発売当初はややシンプルめな印象でしたが、最新モデルでは複雑な形状が採用されています。

デザインが進化を遂げたと感じる見た目の変化であり、フロント部分とは異なった変化の仕方であると言えるのではないいでしょうか。

どうしても、プリウス新型のモデルではフロント部分の独特のデザインが注目されがちで、リヤ部分は見られる機会が少なくなっています。

前期型の形状ではリヤ部分は思いのほかシンプルであったものが、改良後はテールランプの変化などで大胆さが増しています。

リヤ部分のスタイリングついては大きな変化がなく、近未来を想像させるデザイン性も維持されていると考えられます。

プリウス新型の外観についてチェックしたいと思う場合には、リヤ部分も踏めて見てみると面白いと感じられるでしょう。

 

10年乗ったプリウスはいくら?
↓↓↓↓↓↓

プリウス新型の内装はどうなの?

プリウス新型の内装に関しては、どのような仕上がりでしょうか。

気になる部分をピックアップしながら、詳しくチェックしていきましょう。

シートは前後共にゆとりあると実感できる

引用:https://toyota.jp/prius/design/

シートは内装の中でも重要なポイントとして挙げられることが多いですね。

その肝心のシートは、ゆとりある座り心地で快適であると実感されることが多くなっています。

運転席と助手席は、特に足を伸ばしても支障のないようなスペースであり、窮屈さを感じることがない仕様です。

ドライバーにとっても、このようなプリウスのシートの設計は非常に嬉しい部分として挙げられるのではないでしょうか。

後部のシートは、ベンチシートの形状であり、左右で簡単に移動できるメリットがあります。

シートの硬さも丁度良く、深く座り込まず浅過ぎない感触が良いと実感されています。

後部座席のスペースも、比較的ゆとりのある空間が確保されており、移動中も苦に感じることはほとんどありません。

全ての座席に共通している部分としては、簡単にシートを倒したり、配置のアレンジができたりする部分です。

休憩を取りたい時や、車中泊でプリウス新型を利用したいと考える時には、このシート調節の柔軟性が持ち味を発揮します。

インテリアの中では、シートのこの特徴が大きなポイントとして挙げられるのではないでしょうか。

インパネは最新鋭のツールを搭載

引用:https://toyota.jp/prius/design/

インパネは、全体としてはシンプルなデザインであり、すっきりとした印象でまとめられています。

その中で一際目につくのは、センター部分の大きなディスプレイではないでしょうか。

引用:https://toyota.jp/prius/utility/?padid=ag341_from_prius_navi_utility

このディスプレイは、11.6インチの大型のナビオーディオであり、カーナビやラジオなどの機能が集約されています。

タブレット感覚で操作することができるので、直感的にナビのツールを利用することができる点が魅力です。

ドライバーが簡単に操作できるのはもちろんですが、助手席に座る人も問題なく操作できるよう設計されています。

引用:https://toyota.jp/prius/utility/?padid=ag341_from_prius_navi_utility

また、スマートフォンを置くだけで充電できる装備も、インパネの特徴のひとつに挙げられています。

スマホを使う機会の多い人や、手間取らずに充電したい人にとっては、この置くだけ充電の機能は見逃せないでしょう。

フロント部分のコンソールトレイに取り付けられており、簡単にスマホを置いたり取ったりすることが可能です。

このような細かいツールが充実しているところも、プリウス新型の内装に関する良い部分として挙げられるのではないでしょうか。

ラゲージスペースはワイドで使い勝手もバッチリ

引用:https://toyota.jp/prius/utility/space/?padid=ag341_from_prius_utility_space_top

後部のラゲージスペースは、空間が広めに取られていて使い勝手もバッチリです。

スペース容量は、E-Four仕様で457L、そして2WD仕様では502Lと、非常にワイドな空間が設置されているのが特徴です。

引用:https://toyota.jp/prius/utility/space/?padid=ag341_from_prius_utility_space_top

大きめのゴルフバッグを4つ収納すると、丁度スペースをフル活用できるので、ラゲージスペースの大きさが分かるのではないでしょうか。

大きな荷物を収納しても空間にゆとりが確保できたり、多くの荷物を同時に収納したりすることなど、プリウス新型では多様な空間の活用方法が見込めますね。

プリウス新型を利用する人にとっては、このようなラゲージスペースの大きさは、大きな魅力として捉えられるでしょう。

使い方の選択肢が幅広く想定できることから、様々な形式で使うことに役立てられることが期待できます。

収納スペースも車内の随所に用意

ラゲージスペースと併せて、収納スペースもプリウス新型の随所に散りばめられています。

引用:https://toyota.jp/prius/utility/space/?padid=ag341_from_prius_utility_space_top

助手席側には、大きめのグローブボックスが設置されています。

多くの車にこのグローブボックスは搭載されているものの、プリウス新型に装備されるものはサイズが大きく、収納力も高いのではないかと考えられています。

照明も付属しており、暗い場所でのグローブボックスの開け閉めも、安全に行うことが可能ですね。

収納空間の中では、比較的利用されることが多い部分であるため、納得できる装備だというところは評価できます。

引用:https://toyota.jp/prius/utility/space/?padid=ag341_from_prius_utility_space_top

ドアポケットとボトルホルダーも、フロント部分には標準的に装備されています。

ボトル用のホルダーについては、リヤ部分にも装備されており、500mlサイズのペットボトルの収納が簡単にできます。

左右両サイドに、このようなホルダーが取り付けられているため、利便性のアップにも貢献しています。

プリウス新型のユーティリティの面を強化することにも役立つ収納空間として、このようなドアポケットやボトルのホルダーが機能するでしょう。

外装も内装も進化を遂げているプリウス新型

プリウス新型の、外装や内装について、ここまでチェックしてきました。

マイナーチェンジを受けたことにより、特に外観は目に見える進化が随所で出てきたように感じられますね。

それまでとは個性を維持しながらも、多くの人に受け入れられるデザイン性が実現されています。

内装も使い勝手の良さや、居住空間の快適性のアップなどが果たされ、オーナーからも評価されるケースが増えると考えられます。

エクステリアとインテリアで、それぞれ大きな進化を遂げているので、プリウス新型はより魅力的な車種になったと言えるのではないでしょうか。

購入を考える人にとっては、内外装の特徴は見逃せないところだと思うので、チェックしてみると良いでしょう。

車の情報追跡者:佐藤ヒロシ

キャッチ引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です