プリウス新型2019グレードや価格はどおなってるの?

新型プリウスのグレードの体系や、価格の設定がどうなのかは抑えておきたいところですね。

それぞれのグレードによって、価格が異なる部分がポイントであるため、知りたい人は多いことでしょう。

この記事では、2019年版の新型プリウスのグレード、価格に関して、詳しくチェックしていきます。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




全体的なグレードの体系は3タイプ・7種類

新型プリウスの、グレードの内容については、どのようになるのでしょうか。

詳しくチェックしていきます。

A、S、Eの3タイプのグレードから構成

引用:https://toyota.jp/prius/grade/grade7/?padid=ag341_from_prius_grade_grade7_thumb

新型プリウスのグレードは、トータルで3つのタイプ、7種類に分けられています。

上位グレードであるAグレードは全4種類、真ん中のグレードであるSは2種類、そして最もシンプルなグレードはEで1種類となります。

最も充実した装備のあるAグレードが、比較的細かくグレード分けされているのが、新型プリウスの特徴のようですね。

各グレードに分けられることで、価格や機能面、スペックでの差別化が図られています。

新型プリウスを購入する際には、細かい機能の違いなどをチェックしつつ、希望する価格帯で購入できるグレードをセレクトすることが重要ですね。

グレードによる違いは装備面でも

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

グレードが細かく分けられる理由には、装備の面の違いも関わっています。

様々な装備が、グレードによって盛り込まれるものに違いが出ており、グレードが高くなるほど上質なものになる傾向があります。

また、標準で装備されるもの、グレードによってはオプションで装備する必要の出てくるものなどがあるのも特徴的です。

このような違いがあることもあらかじめ把握しておけば、新型プリウスでグレードを選ぶときに納得できる可能性はアップするでしょう。

この記事では、大まかな装備の違いにも着目しつつ、新型プリウスのグレード体系に迫っていきます。

 

10年乗ったプリウスはいくら?
↓↓↓↓↓↓

新型プリウスの価格 グレードによる違いは?

新型プリウスの販売価格は、グレードによってどのように違うのでしょうか。

各グレードの価格をチェックしていきましょう。

最安価格と最高価格では100万円近い差がある

新型プリウスは、グレードによって価格はバラバラですが、最も安い価格と、最も高い価格では約100万円近い差があります。

それぞれのグレードで、実際に設定される販売価格を一覧で見ていきましょう。

・Aプレミアム ツーリングセレクション

328.4万円(2WD仕様)/347.9万円(E-Four仕様)

・Aプレミアム

317.5万円(2WD仕様)/337.0万円(E-Four仕様)

・A ツーリングセレクション

300.7万円(2WD仕様)/320.1万円(E-Four仕様)

・A

284.3万円(2WD仕様)/303.7万円(E-Four仕様)

・S ツーリングセレクション

273.2万円(2WD仕様)/292.7万円(E-Four仕様)

・S

256.5万円(2WD仕様)/275.9万円(E-Four仕様)

・E

251.9万円(2WD仕様)

全体的な価格帯を見てみると、250万円台から350万円近くまでの金額でラインナップされています。

非常に価格帯は広くとられているので、新型プリウスをこれから購入しようか検討する人も、選びやすいと言えますよね。

最もシンプルなEグレードは、手の届きやすい価格に設定され、セレクトされる機会が最も高くなると考えられます。

また、300万円台前後になると、最も充実した数を誇るAグレードが該当してきます。

細かいグレードの違いと、価格設定の幅がありますが、様々な面からどのグレードが自分にマッチするのか検討することがオススメされます。

同グレードでも駆動形式によって価格に違いがある

引用:https://toyota.jp/prius/performance/?padid=ag341_from_prius_navi_performance

価格設定の違いとしては、同じグレードでも駆動形式が異なると、価格にも差が出てくるという特徴があります。

Eグレードのみ、2WD仕様単独の設定となりますが、それ以外の全グレードは2WDとE-Fourという駆動形式がそれぞれ設けられています。

どのグレードにおいても、E-Four仕様が2WDに比べて、約20万円高い設定であることが共通しています。

そのため、どのグレードをチョイスするのか、そして駆動形式をどちらにするのかを組み合わせて考えることで、価格も浮き彫りになりやすいですね。

価格の違いが細かく設定されているものの、こういった規則性があることも踏まえて見てみると分かりやすくなるのではないでしょうか。

新型プリウスの燃費 グレードでの違いはある?

新型プリウスで気になる部分としては、グレードによって燃費性能に違いがあるのかを挙げる人も多いですね。

カタログ燃費でどの程度違うのか、知っておくと良いでしょう。

新型プリウスの各グレードでの燃費の違いを見てみましょう。

全体としては30km/L台中盤から40km/Lに迫る数値

新型プリウスの燃費は、全体としては30km/L台の中盤から後半にかけてとなっています。

グレードによって少しずつ燃費性能の違いもあるので、チェックしてみましょう。

・A 各4グレード、S 各2グレード

37.2km/L(2WD仕様)、34.0km/L(E-Four仕様)

・E

39.0km/L

Eグレードが最も高い燃費の数値となり、40km/L台も目前の非常に優れた数値が示されています。

最もリーズナブルなグレードでありつつも、燃費面では一番数値の期待できる特徴があります。

また、A、Eの合計6グレードについては、2WD、E-Four仕様でそれぞれ同じ燃費の数値が出ています。

いずれも30km/L台半ば以上の数値で、Eグレードに引けを取らない水準が期待できると考えられます。

車種によっては、グレードで少しずつ燃費の数値に差が出ていることもあり、比較が大変と感じるケースもあります。

しかし、新型プリウスに関しては、グレードによってバラつきがほとんどなく、比べやすい傾向にあるのではないでしょうか。




新型プリウスの装備 どんな差別化が図られている?

新型プリウスの装備面では、グレードによってどんな面で差別化が図られているのでしょうか。

いくつかピックアップして見ていきましょう。

タイヤのサイズは2つに分かれている

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

新型プリウスに装備されるタイヤは、グレードによってインチ数が異なります。

・17インチ … Aプレミアム、A、Sの各ツーリングセレクション

・15インチ … Aプレミアム、A、S、E

グレードに組み込まれる、ツーリングセレクションと呼ばれるものは、17インチの大きめのタイヤが取り付けられています。

それ以外の通常のグレードでは、15インチのタイヤが装備され、足回りの面で差別化を図る点が新型プリウスのポイントになります。

タイヤのインチ数に関しては、細かい違いであると考えられることが多いですが、走り心地や足回りの外観で差別化を図ることが期待できます。

また、タイヤのインチ数に合わせてホイールも適したものが選ばれています。

そのため、どのグレードを選んでも、問題なくタイヤとホイールが合致している点は安心できますね。

シート表皮は4タイプが存在

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

シートの表皮は、グレードによって4つのタイプに分かれるのが特徴です。

・本革 … Aプレミアム、Aプレミアム ツーリングセレクション

・合成皮革 … A、Sの各ツーリングセレクション

・上級ファブリック … A

・ファブリック … S、E

このようにして、シート表皮については各グレードで選択されるものが変わっていくので、購入する際にチェックしておいても良い部分です。

特に、新型プリウスの乗り心地が気になるという人は、マストなチェック項目になるでしょう。

タイヤのサイズに比べると、細分化される傾向にあり、新型プリウスのグレードによる差別化が徹底されることにも繋がっています。

新型プリウスのグレードによる違いは様々

新型プリウスのグレードの体系や、それに伴う違いについてここまでチェックしてきました。

グレード自体は7つに分かれており、それに合わせて細かい価格や燃費、装備の内容にも差が出ています。

大まかに分けるとA、S、Eの3タイプとなり、その中で更なる細分化が実現されています。

新型プリウスの購入を検討する人にとっては、こうした細かいグレードの違いは、比較することで納得できる可能性が高くなるでしょう。

燃費性能に関しては、ある程度グレード間でも似通った部分があるのが印象的です。

その一方で、価格や装備などはグレードによって千差万別といった感じなので、事前に比較する部分として挙げられるのではないでしょうか。

グレード体系が細かく充実する部分は、新型プリウスの大きな特徴として挙げられますね。

車の情報追跡者:佐藤ヒロシ

キャッチ引用:https://toyota.jp/prius/grade/?adid=ag336_lis_yahoo_sl.prius_single.txt_prius_8__1x1.all.827.syasyu-grade.190404.028..&padid=ag336_lis_yahoo_sl.prius_single.txt_prius_8__1x1.all.827.syasyu-grade.190404.028..&utm_campaign=prius_always_1904_dp&utm_medium=paidsearch&utm_source=yahoo&utm_term=all_yahoo_sl_prius_single&utm_content=txt_prius_8__1x1_syasyu-grade_028_190404_827__&gclid=CJiK0K-8ueICFcpZvAod8S4Mug




新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です