プリウスα 新型【スライドドア採用か?】デザインは?

スライドドア

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

新型プリウスが欲しい!

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競争して見積もり、
結果的に値段が吊り上り、予想以上の高値で買い取ってくれます。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、
この機会に確認すること

新車の予定がない、車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる
便利なサービスで、今すぐチェック!
↓↓↓↓↓

新型プリウスαの次期モデルでは、スライドドアが採用されるのではないかという予測が立てられるなど、デザイン面での大きな変化が予想されています。

今の新型プリウスαに比べると、大きな変化になりそうで、気になる人も多いのではないでしょうか。

これまでの新型プリウスαとのデザインの違いを比べつつ、次期モデルのデザインについて見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

ちなみに現行の新型プリウスαはどうだった?

新型プリウスαの次期モデルをチェックする前に、現在販売されているモデルについて、知っておきたい人もいるかもしれません。

現行型について、ここではチェックしていきたいと思います。

①現行型は車高を抑えたステーションワゴン

現行型の新型プリウスαの大きな特徴は、何と言っても車高が抑えられたステーションワゴンであるということです。

引用:http://car-moby.jp/202780

先代のプリウスのデザインをベースとして、車内空間をワイドにしたワゴンタイプのモデルとして発売されました。

そのため、外観は非常に落ち着きのあるもので、スタイリッシュな所が特徴的と評価されています。

既に現行型が発売されて7年以上経過していますが、車高が低いワゴンの形状はそのままキープされています。

②5ドアでスライドドアの装備はなし

現行型の新型プリウスには、スライドドアの装備はありません。

スタンダードな5ドアの形状であり、乗り降りしやすいような設計に仕上げられています。

新型プリウスと似たような形式のドアの形状で、特に個性的な部分などは見当たらないと言えるでしょう。

デザイン性にも意識が置かれているものの、一番は乗り降りしやすいかどうかという部分に焦点が当てられているように思います。

このようなドアの面についても、次期型移行で変化する可能性があるとも見込まれています。

その点については、このあと詳しく見ていき、現行型との違いについて触れていきます。


スポンサーリンク

次期型は遂にスライドドアが搭載されるの?

新型プリウスαの現行型について、これまでおさらいしてみました。

落ち着いたデザインのステーションワゴンであり、旧式のプリウスからの派生であることが大きな特徴のようです。

では、今後登場が予想される、新型プリウスαの次期モデルに関するトピックを取り上げてみたいと思います。

まずは、スライドドアが採用されるのかどうかに関する話題です。

ここから、詳しく見ていきましょう。

①次期型移行でのスライドドア装備の可能性は高い

引用:https://iketel.xyz/prius-a-modelchange

新型プリウスαのモデルチェンジを機に、スライドドアの装備される可能性は、現状では高いのではないかと考えられています。

このスパイショットでは大まかな全体像しか見えませんが、いよいよスライドドアを投入し、心機一転を図ると見込まれています。

現行型の一般的なドア仕様とは大きく異なるタイプに変貌を遂げるので、同じモデルの新型移行としては大掛かりな変更になりそうですね。

5~7人乗りのファミリー層向けの車としては、スライドドアの装備によって利便性やイメージアップなど、色々な面でのプラスのメリットも期待できるかもしれません。

新型プリウスαのモデルチェンジで、もしスライドドアが装備されるとなった場合には、どんな要因があるのかも抑えておきたいところです。

次のトピックで取り上げてみたいと思います。

②トヨタのラインナップ整備との関連

新型プリウスα以外にも、トヨタでは数多くの車がラインナップされています。

その中で、似た系統の車種を整備したり、既存の車を全く新しいものに置き換えたりするなど、ラインナップ整備は随時行われています。

その流れの一環として、新型プリウスαが、他のスライドドアを持つモデルとの統合される可能性があることは、考えておく必要があるのかしれませんね。

新型プリウスαが単体で次期型に移行するというパターンが有力ではあるものの、他のモデルとの統合で新しいコンセプトを持つことも十分に考えられます。

こういった形式で、スライドドアの装備された、新型プリウスαのニューモデルが登場することも、車を買うオーナーたちにとって嬉しい話題になりそうですね。

③スライドドア装備車への人気拡大

ここ数年、スライドドアの装備された車に対する人気は、全体的に拡大の兆しが見えています。

家族向けの自動車の中では、スライドドア付きのものが代表格として挙げられるほどにまでなっているためです。

新型プリウスαも、ファミリー向けの自動車としての存在感を高めてきたものの、スライド式のドアの装備でよりその印象は強くなるとも考えられています。

簡単に開け閉めできることや、車内への出入りも簡単にできることなど、スライドドアのメリットや魅力はいくつもありそうです。

そういった良さを取り入れ、新型プリウスαを最大限にアップデートすることで、拡大するスライドドア車の人気の波にも乗れると言えそうです。

引用:http://www.master-one.jp/goods_detail/one_touchslider/one_touchslider.html


スポンサーリンク

新型プリウスαの次期型のデザインはどうなる?

新型プリウスαは、どういったデザインに仕上げられるのかも、チェックしておきたい部分ではないでしょうか。

色々な予想が立てられる中で、有力とみられるものをピックアップし、次期モデルではどんな変化を遂げるか見てみましょう。

①新型プリウスのフロントとの共通化

最も大きなポイントとしては、新型プリウスのフロントマスクとの共通化の図られる可能性が高い点が挙げられそうです。

引用:https://toyota.jp/prius/

新型プリウスαとして、独自性のあるモデルになる可能性は高いですが、やはり派生のもとである新型プリウスとのフロントの共通化は外せないポイントになります。

新型プリウスシリーズの一部としての存在感を見せることにより、ハイブリッド車であることを改めて印象付けることにも繋がるでしょう。

ワゴン車として使いやすい部分が先行してイメージされることもありますが、エコで低燃費という部分の再アピールも期待できるかもしれません。

②SUV感を押し出したイメージが有力

これまでは、新型プリウスαはステーションワゴンに分類される車として人気を博してきました。

しかし、今後発表される次期型に関しては、SUV感が強まったモデルになる可能性も想定されています。

新型プリウスのシリーズとしては、SUVやクロスオーバーなどのジャンルは初めて投入されるものとなり、実現されると話題を呼びそうですよね。

SUV車は現在人気の高い車の一種となっており、新型プリウスαがこのようなスタイルに生まれ変わることは、かなり前向きに捉えられているようです。

これまでのワゴン車としての質感を残しつつも、大胆な変更がモデルチェンジでは実現されるのではないでしょうか。

③ホイールベース拡大で大型化の可能性も

サイズに関する面では、ホイールベースが拡大されることを予想するケースも出てきています。

つまり、新型プリウスαの次期モデルでは、モデルチェンジ前に比べて車体のサイズが少し大きくなるのではないかということです。

車内空間がよりゆとりを持ったものになるほか、ラゲッジスペースの拡大、安定感ある走行など、いくつかの面でメリットを引き出すことが期待できそうです。

新型プリウスの派生モデルとして、原型と共通する部分がある中で、ホイールベースの拡大に伴う大型化は独自路線のひとつに挙げられます。

新型プリウスαのモデルチェンジで生じる、大きな変更点になるかもしれません。

プリウスα 新型【スライドドア採用か?】デザインは? まとめ

新型プリウスがモデルチェンジ後に、スライドドアが採用されるのかや、デザインはどうなるのか、詳しく見てきました。

現行型のモデルは一般的なステーションワゴンですが、そこからスライドドアを装備した、全く新たな新型プリウスαがお目見えする可能性は、高いと言えるようです。

スライドドア搭載をきっかけに、これまでとは違ったSUVのテイストが盛り込まれるとも考えられているので、新しいモデルが登場した際にはその部分も話題を呼ぶでしょう。

今の新型プリウスαの良さを残しつつも、全面刷新でより良いモデルとして、人気を獲得することが見込まれています。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

プリウス 新型がほしい!

プリウス 新型は、低燃費のハイブリッド、走りはスポーツカーなみに速いです。バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車で自動で駐車もできます。

一昔前は先進機能だったスマートキーは、

今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ずインターネットで相見積を!

【無料・お気軽に!】

なので使わない手はないです。

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、予想以上の高値で買い取ってくれます。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、
この機会に確認すること

Doctorぷりうす
新車の予定がない、車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる
便利なサービスで、今すぐチェック!
↓↓↓↓↓

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です